スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW!!!

2012/12/10更新

全国初!
手作りパスタソーステイクアウト専門店はじめました!!
ネットおよび直売所でご購入いただけます!


トップ背景ボロネーゼVER-600
スポンサーサイト

本ブログを運営するUNDERGREENの
FACEBOOKサイトができました。
最新情報はこちらよりご覧下さい。


#14 日頃の感謝を表すパスタ

sean14.jpg

料理を作ろう。
いつも支えてくれている彼女や奥さんのために
たまにはご飯を作って感謝の気持ちを伝えよう。
ありがとうは、思ってるだけじゃ、なかなか伝わらない。
けどあんまり大げさにしても、ちょっと恥ずかしい。

みたいな話だけど、料理のには気持ちが入るんです。
怒ってるときは、乱暴な味になって
優しいときには、優しい味になるって知ってました?
感謝の気持ちも料理に込めれば伝わる。
今回のじぶんちレストランは、

①たまに家事する人でも、失敗しないレシピ
②素朴で優しい
③体にも優しいヘルシーメニュー


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 おしながき
サーモンのトマトクリームスパゲティ
インゲン豆と生ハムのソテー
ジャガイモのローズマリーロースト


■■サーモンと生トマトの      ■■
■■      クリームスパゲティ ■■


spaghetti alla salsa di crema con salmon    (目標:20分)

クリームとサーモンの相性は驚くほどいい。
生トマトとイタリアンパセリを抜けば、ごくごくスタンダードなパスタが出来上がる。
これはこれでうまいんだけど、トマトとパセリをいれる事で酸味が生まれ
濃厚なクリームにちょっとした爽やかさが出る。
この濃厚さの中の酸味が、うまさのバランスを調えてくれる。
ちょっとすっぱすぎるかな?と思うときは、粉チーズをいれると押さえられる。

il Cibo (2人分)
  スパゲティ(1.6mm) ・・・160g
  マッシュルーム    ・・・8コ
  塩鮭         ・・・1切れ
   (スモークサーモンでも可。いい風味が加わる。)
   生クリーム   ・・・160g
  トマト    ・・・1コ
  イタリアンパセリ・・・大さじ1
  バター    ・・・20g
  コショウ ・・・適量

samon12345.jpg

la ricetta
① ②トマトの皮を湯むきし、種を取って2cmのさいころに切る。
※パスタを茹でるお湯でやると省エネ。さいころ状に切るのをコンカッセと言う。

③マッシュルームは石づきをのぞいて、1コを6等分し、
 塩鮭も同じくらいに切り分ける。
 フライパンにバターを入れて中火にし、マッシュルームを炒める。
 きのこの香りが立ってきたら、塩鮭を加えてさっと炒める。

④生クリームを加えてひと煮立ちしたら、トマトを加える。
 ※ここでソースは完成。トマトに火を入れすぎないために、
  パスタがまだなら弱火で保温。

⑤ ゆで上がったパスタの湯を切って加え、
 イタリアンパセリ、塩、コショウで味を整えて完成!
                     →基本テク「パスタのゆで方」


■■インゲンマメと生ハムのソテー■■

fagiolini salutati con prosciutto (10分)

インゲン豆と生ハムに限らず、いろんな食材をソテーして食べる事ができる。
その食材そのものの味を楽しむときにはソテーがいい。
季節ごとに旬の食材を探して、なんでもソテーしよう。
冷蔵庫の余り物なんかでも作れるから、重宝するレシピだ。

il Cibo (2人分)
  インゲンマメ ・・・200g
  プロシュート ・・・2.3枚
  バター    ・・・20g
  オリーブオイル・・・適量
  コショウ ・・・適量

インゲン豆の代わりにアスパラでもいいし、
プロシュートの代わりにベーコンやソーセージでもいい。

ingen1234.jpg
la ricetta
①サヤインゲンは、スジを取って、すこし柔らかめに塩ゆでする。

③ 生ハムは、適当に食べやすいサイズに切る。

④ オリーブオイルとバターを熱し、生ハムを加える。

⑤ハムの香りが立ったら、サヤインゲンを入れ手早く炒める。
 塩コショウで味を調えて完成!


■■ジャガイモのロースト■■■■

patate arrosto  (多分20分)

これは本当にうまい。地味だけども、隠れた逸品だ。
一度作れば、絶対にもう一度作りたくなる、そんな味です。
にんにくとローズマリーの香りが食欲をそそる!
香も味ももう説明が必要ないくらいうまいんです。

il Cibo (2人分)
  ジャガイモ  ・・・4コ
  ローズマリー ・・・1枝 20cmくらい
  ニンニク   ・・・1かけ大
  塩      ・・・小さじ2
  オリーブオイル・・・大さじ2
  コショウ   ・・・適量

poteto123456.jpg
la ricetta
①ジャガイモを大きめのさいころ状に切る。約3cm角

②ボウルに入れて、塩おおさじ1、黒こしょうを加え、よく混ぜる。
(ボウルごとふるという荒技でOK)

③ ローズマリー1枝分を葉っぱだけバラバラにして加え、
 木べらでつぶしたニンニク1カケ、オリーブオイル大さじ2を加え、
 全体になじむようによく混ぜる。

④ フライパンに移して、全体を温めたら、180℃のオーブンへいれる。

⑤ 途中で2、3回上下をひっくり返して、約20分くらい焼く。
 ほんのりきつね色になり、くしがすっと通れば完成!

※オーブンがないときは、フライパンで焼き続けることもできる。
  その場合、焦がさないように注意してよく混ぜ続けなければいけない。


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!




♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0805HP-14you0119.jpg

今回のテーマは『フレッシュ・モダン』
日頃の感謝を込めて、料理を作ったなら、
テーブルコーディネートも気合をいれましょう
料理の腕に自信が無くても大丈夫!!
テーブルコーデは料理をより美味しく見せてくれる最強の見方なのです
せっかくなので、“いつもありがとう。これからも宜しく”って言ってみよう
照れくさいけど、感謝を言葉にするってとても素敵なこと。
言うほうも言われるほうも幸せな気持ちになるものです
そして、出合った頃の二人の様にフレッシュな気分に戻れるかも・・・

2009_0805HP-14you0067.jpg

 今回はこの3つ!
白の食器で統一&メリハリ!
今日のメニューは彩りがキレイなので、食器は白で統一!
《赤・黄・緑の三色があると美味しそうに見えるってのは有名な話。これを生かしましょう》
《食器に高低差のあるものを使えば、ちょっと特別な雰囲気になりますね》

色の繋がりを意識!
テーブルランナーと植物のグリーン・ワインボトルと紙ナプキンの・キャンドルとお皿の!!
《全てのアイテムに色の繋がりを持たせることで、バランスよくまとまります》
《この場合、白と黄緑の面積が多いので、フレッシュで爽やかな印象になります》
小物はシンメトリーに置く!
ワインボトルを中心に、植物、キャンドルを左右対称において、モダンな印象に!
《左右対称に置く事で幾何学的、機械的な印象、クールでかっこいい雰囲気に

 2009_0805HP-14you0070.jpg2009_0805HP-14you0085.jpg2009_0805HP-14you0108.jpg

♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート 感謝の気持ち 奥さん

#13 彼にもっと愛される!(カワイイ女編)

sean13-2.jpg

つもはしゃきっとした彼も、やっぱり母親の料理にはほろっときてしまう。
口ではかっこいい事言ってても、そんなとこあるのが男ってもん。
実際には母親の味じゃなくても、その雰囲気が出てれば妙に安心しちゃう
ハンバーグ、オムライス、カレー・・・ 子どもの味?
いつまでもこーゆー味が大好きなんです。それが男の味覚です。
愛嬌たっぷりの手料理で、彼に「こいつかわいーなー」って言わせてみたいよね?
今回のじぶんちレストランでは、
母親の気持ちで、ほっとさせてみよう。

①どこか懐かしく、ほっとする味
②優しくて、かわいい料理
③定番だけど、ちょっと一工夫


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 おしながき
ナポリタン
トリュフオイルの目玉焼き
インサラータ ヴェルデ
(30分)

■■スパゲッティ ナポリタン■■■■
Napolitan  (目標:20分)

本場イタリアには、“ナポリタン”ってパスタはないんだ。
そもそもケチャップを料理に使う事はほとんどなく、
スーパーのはしっこにちょこっと置いてあるくらいの存在感だ。かわいそうに。
このパスタは、日本生まれの日本育ち。昔は喫茶店の定番メニューだった。
ケチャップと混ぜるだけの簡単メニューだから、家庭でも人気のメニュー。
昔食べたかどうかは別にしても、どこか懐かしいこのパスタ。
この懐かしさと昭和の臭いはどこからくるんでしょう?

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(1.4mm) ・・・160g
  タマネギ(小)     ・・・1コ(100g)
  プロシュートブロック  ・・・120g
  (ベーコンで代用可)
  マッシュルーム  ・・・5コ
  ピーマン     ・・・2コ
  パルメザンチーズ ・・・30g
  バター      ・・・10g
  トマトケチャップ ・・・大さじ2
  オリーブオイル  ・・・大さじ2
   ・・・適量
  ※1.4mmのスパゲッティはフェデリーニと呼ばれる

napo12345.jpg

la ricetta
①下ごしらえをいっぺんにやろう
タマネギ    →縦に薄切りにする
プロシュート  →8mm角の棒状に切る
マッシュルーム →石づきを取り除き、薄切りにする
ピーマン    →ヘタと種を取り除いて、縦にほそ切りにする。

②フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、
 タマネギを中火でさっと炒める。

③タマネギがしんなりしてきたら、プロシュートを加えて炒める。
 次にマッシュルームを加えて、ピーマンは最後にさっと炒める。
(ポイント:弱火でゆっくり炒めるのではなく、中火でさっと炒めていく。
       ケチャップが強いので、具の味をソースに移す必要なく、
                    むしろ具の食感を楽しみたい。)

④ トマトケチャップ大さじ2を加えてよく混ぜる。
 そこへゆで汁大さじ2を加えて、水分調整をする。  →基本の「水分調整」
 味を見て、塩かゆで汁で味を調えて火を止めておく。
  (パスタがまだなら、弱火で保温。必要に応じて水分調整)

ここからは余熱だけ!
⑤ 火の止めてあるフライパンに、ゆで上がったパスタの湯を切って加える。
                      →基本の「パスタのゆで方」
 あおってあおってよく混ぜる。ここでパルメザンチーズも加える。

⑥ さらにフライパンをあおり、よく混ぜたら、バターを加えてよく混ぜる。
 ここもずっと余熱でOK!

ポイント:余熱だけで仕上げることで、つるっとしっとりした口当たりに仕上がる。
      乾いたパスタや焼きパスタにならないためのちょっとしたコツ。


■■トリュフオイルの目玉焼き■
uova in tegamino con mozzarella  (目標:20分)

この目玉焼きは、本当にうまい!
トリュフオイルが無くても作れるけど、ぜひ探してほしい。
食卓じゅうに広がる香がたまらない。作ってるそばからみんなそわそわしだして
「何作ってるの?」って聞いてくるくらい、最高の香が広がる。
イタリア人の食材の楽しみ方のうまさがわかる、そんな一品。

il Cibo (1人分)
  卵      ・・・2コ
  モッツァレラ ・・・50g
  基本のトマトソース ・・・大さじ2
    (トマトスライス、トマト缶で代用可)
  アスパラガス ・・・2本
   (サヤインゲンやブロッコリーでもok)
  パルメザンチーズ ・・・大さじ1
  トリュフオイル   ・・・適量
         ・・・適量
            耐熱皿とオーブンの要るメニュー。
         (オーブントースター、オーヴンレンジでもOK)


medama1234.jpg

la ricetta
直径13cmほどの耐熱浅鍋(tegaminoという)を用意する。
① アスパラガスを1~2分さっと茹でておく。

② 鍋底にEXVオリーブオイルをうすく塗り、
 基本のトマトソース大さじ1を流し、モッツァレラを手で
 細かくちぎって加え、茹でたアスパラガスも加える。

③ 卵を加えて、軽く塩をして、パルメザンチーズを上から散らす。

④ 180℃のオーブンで15分程度焼き、
 表面がこんがりしたらオーブンから取り出し、
 トリュフオイルを上から全体にまわしかけて完成!


■■インサラータ ノルマーレ■■■■
                   ※いつものサラダ
    insalata normale  (分)

イタリアでサラダと言えば、凝ったドレッシングなんて使わない。
だいたいが、オリーブオイルとレモン汁と塩こしょう程度のシンプルな味付け。
最初は、ドレッシングないの?と思ったけど、ほんとにうまい野菜を食べたときに、
これなら凝ったドレッシングなんていらない!って思った。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ

il Cibo
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
sarada-n123456.jpg

①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
 写真はわかりやすくグラスで作っている。②はレモンとオイルが分離しているが、
 よく混ぜる事で、③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本テク「乳化」

④特にどんな野菜を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。

⑤ボウルにあわせて、Aとよく混ぜれる!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
     塩が強いと、野菜の水分を奪って、漬け物みたいになってしまうので注意!


⑥まずは、葉っぱを一握り高く盛りつけ
 最後に先頭の写真のようトマトを乗せたら出来上がり♪



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0729#130051

今回のテーマは『ナチュラルキュート』
男心を掴むには、胃袋を掴めと、よく言いますよね。
マンマ(母親)の味で彼の胃袋を掴んだら、
テーブルコーデはハニー(彼女)らしく、かわいらしさを心掛けましょう
そう!!本当のマンマになってはダメなのです・・・笑
マンマの様な彼をほっとさせる料理の腕と、彼をドキッとさせる可愛らしさを持ち合わせたなら・・・
もう、彼はアナタの虜かも

2009_0729#130030

 今回はこの3つ!
ベースはパステル調でかわいく!
パステル調の淡い色と白の組合せで、かわいらしさ、柔らかさを演出
《ピンク系なら、少女らしさ、ブルー系なら、爽やかさも演出できます》

食器は温もり感のあるもの
料理が懐かしく、落ち着くメニューなら、食器も丸みや素材感のあるものを選びましょう!
《家庭料理代表のナポリタンにはマンマの優しさを彷彿させるような丸くてぽってりしたお皿》
《木の食器でナチュラルで優しい雰囲気に

グリーンで若々しさ、爽やかさをプラス
食卓にお花やグリーンを飾るだけで、印象はガラっと変わります!
《高さやボリューム感があるので、食卓に動きが出ます》
《今回は小さい葉っぱのグリーンで可愛らしさと爽やかさを演出》

+α 背伸びテク "トマト缶のリサイクル"
基本のトマトソースを作るたびに大量のトマト缶が空きます・・・
そこで、今回はそれをリサイクルして、紙ナプキンやカトラリーを入れてみました。
海外のパッケージって大体、何だかオシャレに見える物
トマトは殆どのレシピに使われているから、色やイメージも問題なく合います
小さめの観葉植物を入れてもかわいいかもね
カジュアルなアクセントとして、使えそうです

     2009_0729#1300332009_0729#1300422009_0729#130056




♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート かわいい女 目玉焼き

#12 失恋レストラン

の世も終わり。
失恋したら誰だってそう。
もしたくないし、も考えたくない。
もちろん料理だってできません。酔って忘れたいだけです。



order12.jpg

■■ ピスタチオ ■■■■■■■ 
pistacchio      (んー分?)

il Cibo
  ピスタチオ ・・・1袋くらい

la ricetta
 ①適当な量をさらにあけて終わり。



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート

#11 料理が趣味になるイタリアン

「趣味は何ですか?」と聞かれて「う~ん‥‥。」ってなっちゃう人は、
この際だから、料理を趣味にしてみてはどうでしょ?
料理、特にイタリア料理は基本のテクさえ押さえておけば、
誰だっておいしいものが作れます(^_-)
一番、基本テクが満載な料理は、実はペペロンチーノ!

パスタ以外の料理にも応用できる、そのテクを使えば、
季節ごとにいろんな食材を使って、ペペロンチーノは作れるし、
冷蔵庫の残り物で作れる簡単メニュー。
何度も作っているうちに、気づけば “料理が趣味” になっているはず。
一番のコツは、“何度も何度もつくる事”かな。
もちろん今回のじぶんちレストランは、

① 基本テク満載のペペロンチーノ (目標:20分)
② 食材は、季節ごとに自由に使おう
③ 何度も何度も繰り返し使えるメニュー


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ おしながき
ペペロンチーノ
 hitomiのオススメワイン


order11.jpg

■■アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノ■■■■■■
alio di olio e peperoncino (目標:19分)

直訳すると、“にんにく、オリーブオイル、それから唐辛子”
さらに材料もこの3つだからとくに何のひねりもなく、
地味なのでお店でもあまり注文される事もない。
けれども料理のおもしろさを知るには最高のメニュー。
冷蔵庫の中の余った野菜や、季節のものをつかって自由に楽しめる。
 例えば、 “生シラスとタケノコのアーリオオーリオ” とか
“トレヴィスとプロシュートのペペロンチーノ” というとグッとくるでしょ?
このレシピを知っておけば、数十種類のレシピに応用できる!

il Cibo(1人分)
  スパゲティ(太さ1.6mm)・・・80g
  にんにく(みじん切り)・・・大さじ1弱
  赤とうがらし      ・・・1/2本
  イタリアンパセリ(みじん切り)・・・大さじ2
  オリーブオイルEXVオリーブオイル黒こしょう  適量

alio123.jpg

①ニンニクは細かくみじん切りにし、赤とうがらしは洗いながら種を取って粗くちぎる

②フライパンにオリーブオイル大さじ1、ニンニク、赤とうがらしをいれて火にかける
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
  この作業がとても大切!        →基本テク「ニンニクの火入れ」

ニンニクがきつね色になってきたら、手早く半量を網じゃくしで取り出し、
紙タオルに取って油を切る。

③イタリアンパセリ大さじ1を加え、火を止める。
 また、ゆで汁大さじ1を加え、これ以上にんにくに火が通らないようにする。
  基本の「水分調整」

alio45.jpg


④パスタがゆで上がる直前に、中火にかけながら汁がとろっとするまで
 かき混ぜながら煮詰めていく。  →基本テク「乳化」

⑤ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。  →基本テク「パスタのゆで方」
 よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、器に盛りつけて
 取り出しておいたニンニクとイタリアンパセリをふって完成!

パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。
ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない。



■■hitomiのオススメワイン■■■■■■


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0713HP0076.jpg

今回のテーマは『ごちそう時間』
"ごちそう”って人によって違いますよね。イタリアン? フレンチ? 和食? ジャンクフード?・・・
だけど、ごちそうを食べる時って皆、きっと贅沢な気分になりますよね
趣味も人それぞれちがうもの。
だけど趣味の時間って
日頃の疲れを癒す為だったり、リフレッシュする為だったり、とモノは違えど、
とにかく自分の為の贅沢な時間ってのは同じ。
だから料理が趣味になったなら、テーブルコーディネートまで幅を広げて、
あなたなりの"ごちそう時間”で、至福のひとときを過ごしてください

また明日から頑張るぞって気分になれるはず

2009_0713HP0004.jpg
 今回はこの3つ!
ベースは同系色でこだわり感
ベースを同系色であわせ、まとまり感こだわり感を演出
《色のまとまりは心地よさや、こだわり感を表現できます。》
《主役(料理)が引き立ちます(写真:パセリの緑と唐辛子の赤がアクセントになっていますね)》

茶系で上質感UP!
他の色でもまとまり感やこだわり感は演出できます。
今回は、ごちそう時間=上質・癒し・リフレッシュなので茶色をチョイス!!
《そのシーンによって色を使い分けましょう!どういう時間をすごしたいか?!そこが大切》

まとまりの中にも少しの変化
キャンドルに高低差をつけて、まとまりの中の少しの変化を作りましょう
《無難でつまらないコーデにならないように、でもまとまり重視なら小物でアクセントを!!》

     
      2009_0713HP0004.jpg2009_0713HP0094.jpg2009_0713HP0009.jpg


♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート ペペロンチーノ

#10 ごほうびイタリアン

sean10.jpg

っとがんばってきた事が、一段落したとき。
今まで頭の中が、そのことばっかりだったけど、心機一転、気持ちを切り替えたいとき。
うまくいってもいかなくても、自分に“おつかれさまでした”を言いたい時。
自分のためにちょっと贅沢なイタリアンを作ろう。
ゆっくりゆっくり料理する事で、
今までの張りつめていた緊張をほぐしていこう。
そんな今回のじぶんちレストランは、

① ゆっくりゆっくり、深呼吸するように料理しよう。
                       (目標:1時間以上)
② せっかくだからちょっと贅沢な食材
③ せっかくだからちょっと手間な料理

いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  おしながき
ワタリガニのトマトクリームソース
 HITOMIのオススメワイン

(目標30分)

order10.jpg

■■ワタリガニのトマトクリームソース■■■■■■
Spaghetti alla salsa di pomodoro e panna con granchio (推奨:時間)

ニはどれもうまいけど、だしの強烈さはワタリガニが一番だと思う。
トマトと生クリームに負けないのは、ワタリガニしかない!
そしてどうしてかこのパスタには哀愁が漂ってる気がする。
ここフィレンツェの路地裏のBARで、ブロンドのイタリア女性が
夜中に独りでワインを飲みながら食べているようなイメージだ。
どうしてかちょっとかっこいいシーンに合う、コじゃれたパスタだ。

il Cibo(1人分)
  平麺     ・・・80g程度
   (フィットチーネ、リングイネなど)
  ワタリガニ   ・・・1杯
  ニンニク    ・・・1/2片
  生クリーム   ・・・50cc
  ブランデー   ・・・少々
  白ワイン    ・・・少々
         ・・・少々
  基本のトマトソース・・・80g
  ニンニク    ・・・1/2片

la ricetta
 (ワタリガニの下ごしらえ)
①まず蟹のハカマのところに指を入れ、甲羅をはがします。
②甲羅のなかのミソを取り、ソース用にとっておきます。
③甲羅の、口のすぐ下の砂袋を、破らないように取り除きます。
 甲羅は飾りとして使うので、きれいに洗います。
④ふわふわしたガニ(肺)は食べられないので、取り除きます。
⑤胴体は縦半分に切ります。
⑥包丁の背など固いもので、カニの足を叩き、エキスが滲みだしやすくします。
 こまかい殻の破片が出たら、混ざらないように取っておこう。
⑦食べやすくするため、出刃包丁でカニのツメに切り目を入れます。なければハサミ。
 ※薄い三徳包丁では、危ないのでやっちゃいかん!

⑧みじん切りしたニンニクとオリーブオイルをフライパンに入れ、火にかけます。
 弱火でニンニクの香りをオイルに移します。  →基本テク「ニンニクの火入れ」

⑨ワタリガニを加え、さっと混ぜ、ここで一気に強火!!
 ブランデーを加え、フライパンを傾けて火をつけてフランベし、
 さらに白ワイン少々も加えます。

⑩この辺りでそろそろパスタを茹でます。
 このとき、飾りに使うワタリガニの甲羅も一緒に茹でておきます。
 あとでソースと一緒に少し煮込むので、
 アルデンテの少し手前の芯が固い状態で引き上げます。
 (標準の茹で時間の約2分前くらい。指でつぶすと白い芯が残るくらい)
  →基本テク「パスタのゆで方」

⑪基本のトマトソース、生クリーム、取っておいたカニのミソを加え、
 全体をよく混ぜて中火まで火を落とします。

⑫そのまま、縁がちょっと焦げてくるまで、ときどき混ぜながら煮詰めます。
 味見をしながら塩で味を調えます。

⑬芯が残る程度に茹でたパスタを加えてソースとよくからめ、
 パスタがアルデンテになるまで、すこしだけ火を通します。
 ソースの水分が蒸発しすぎたときは、パスタの煮汁を加え、
 ソースをゆるめます。  基本の「水分調整」

⑭とっておいた甲羅を飾って完成です!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0804HP-100110.jpg

今回のテーマは『妄想トリップ~アジアンリゾート編~
自分への“ご褒美料理”を作ったなら、
テーブルコーディネートも頑張った自分の為のご褒美空間を作りましょう
ご褒美といえば、バカンスという人は多いですよね。
でも頻繁には行けない・・・
そこで、妄想トリップ~
自分の好きな国や場所、とにかく自分がリフレッシュできる空間を作りましょう!
ゆっくり時間をかけて、飲んで食べてまったりできたなら、
明日からの気力とアイデアが浮かんでくるはず・・・きっとまた、うまくいく

2009_0804HP-100024.jpg
今回はこの3つ!
素材感のあるテーブルウェア!
籐のプレイスマットや竹で出来たワインホルダーなどで、リゾート感を演出
《妄想トリップでどんな時間を過ごしたいかが大事今回はアジアンリゾートでの癒しの時間》
《バリ土産の雑貨で遊び心もプラス

小物は同系色でまとめる(キャンドル・ナプキン・グラス)
同系色でこだわり空間、上質な時間を演出。
《紫~ピンクのグラデーションで落ち着きとエスニックな雰囲気を演出》
《キャンドルに火を灯して時間の流れをゆっくり楽しむ》

ナプキン畳みで上品さを演出
お花がなくても、作っちゃえばいいんです!!
《今回はピンクのナプキンをバラ畳みにして女性の気品を演出》

+α 背伸びテク "ダブルソーサー"
お皿を重ねて使うダブルソーサーは、立体感を出すのに効果的です
また、格式のある印象を演出できます。
今回は黒と白のプレートを重ねて、モダンで高級な雰囲気にしてみました
ただ、重ねるだけで印象が変わるので、お試しあれ

     2009_0804HP-100016.jpg2009_0804HP-100095.jpg2009_0804HP-100025.jpg




♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート おつかれさま ワタリガニ

#09 ザ・ハッピーバースデー・イタリアン

sean9.jpg

さい頃から一番身近なパーティーって言えば、誕生日パーティー
でもよく考えてみたら、家でひらく誕生日パーティーって
どうやればいいんだったっけ?
ということで主役以外のみんなで用意する、ちょっと豪華なイタリアンでお祝いしよう!
ケーキだって手作りだから、不格好でも気持ちは伝わる!
サプライズでさらに盛り上げ、忘れられない誕生日パーティーにしてあげよう。
今回のじぶんちレストランは、

①誕生日らしい華のあるメニュー 
②特別な日のための、ちょっと豪華なメニュー
③もちろんケーキもつくろう
 (3人以上で協力すれば2時間程度)

いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  おしながき
三元豚のTボーンステーキ
生ハムのインサラータ
手長エビとルッコラのトマトソース スパゲッティ
ティラミス

(事前準備1時間30分。)
order9-2.jpg

作り置きできるものから作っていこう。
■■生ハムのインサラータ■■■■
prosciutto crudo e insalata (目標:分)

イタリアのサラダは、凝ったドレッシングじゃなくて
オリーブオイル、レモン汁っていうシンプルな味付け。
あくまでも野菜の味を楽しむためのソース。
だからこそ、生ハムや味のマリネなんかともあうわけです。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
   (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ

il Cibo(2人分)
  生ハム     ・・・60g
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

hamusara123456.jpg
la ricetta
①まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
②写真はわかりやすくグラスで作っている。
 レモンとオイルが分離しているのが、
 写真③のように混ぜる事でとろっと白く乳化した。  →基本テク「乳化」

④野菜は何を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
 よく洗って、よく水をきって適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。

⑤生ハムを一口2cm角くらいに切っておく。

⑥生ハムと野菜をボウルにあわせて、Aとよく混ぜれば完成!
【ポイント】乳化は、時間が経つとまた分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
塩が強すぎると、野菜の水分を奪ってしまい、漬け物のようになってしまうので注意!



■■ ティラミス ■■■■
tiramisu  (目標:20分)

今回は、イタリアのとある家庭で作るちょっとかわったティラミスです。
ふわっとした口溶けが楽しい、やわらかくて優しい味でした。
今回の簡単の秘密は、スポンジは焼かず、市販のカステラを使う事です。
コーヒーの苦みとマスカルポーネの風味を楽しんでください。

il Cibo(約20×30×5cmの型1台分)
  カステラ ・・・1本
  アマレット(リキュール)   ・・・少量
  エスプレッソ   ・・・200cc
   (なければ濃いめのコーヒー)
  卵黄   ・・・4個
  卵白   ・・・4個
  グラニュー糖   ・・・80g
  マスカルポーネチーズ   200g
  (なければクリームチーズでもok)
  生クリーム   ・・・400g
  エスプレッソコーヒーの粉   ・・・適量

1234567.jpg

la ricetta
�カステラをきれいに切るために、冷凍庫に1時間以上入れて凍らせ、5mm幅に切る。

�コーヒーにアマレットを混ぜる。・・・A

�卵黄とグラニュー糖30gをボウルに入れ、泡立て器でとろっと白っぽくなるまでかき混ぜる。
そこへマスカルポーネを加えて完全に混ぜる。・・・B

�別のボウルに生クリームとグラニュー糖40gを入れ、氷水を当てて六分立てにする・・・C
 ※六分立てとは泡立て器ですくい上げると、流れ跡がすぐに消えるくらいの状態。
  まだとろとろっと垂れるかんじです。

別ボウルに卵白とグラニュー糖30gを入れ、十分立てのメレンゲを作る。・・・D

�BのホイップクリームにCの生クリーム生地を加え、ゴムべらで完全に混ぜる。
次に、Dのメレンゲの1/3量を加えて軽く混ぜ、徐々に残りを加えてまだら模様がなくなるまで混ぜる。
これでティラミスクリームの完成!

��次に型の底にカステラを敷いて、Aのコーヒーシロップを刷毛でたっぷり塗り、生地の半量を流す。
これをもう一度繰り返し、冷蔵庫で約1時間冷やす。
サーバーなどですくい取り、皿に盛ってエスプレッソ粉をふり、いよいよ完成!


■■三元豚のTボーンステーキ■■■
   (仕込み10分、寝かして時間、直前に20分)

Tボーンステーキは、背骨のあたりの肉で、肉そのものの味が濃くてとてもおいしい。
ここフィレンツェでも、ビステッカ アッラ フィオレンティーナといって、
特産のキアナ牛を使った特大Tボーンステーキが名物です。
今回紹介するのは、僕が一番好きな平牧三元豚をつかったTボーンステーキ。
この豚は、脂肪分が多いのにすっっっごくさっぱりしていて、臭みがなく旨味がすごい!
 なので、赤身じゃなくてバラブロックでステーキにしても、最高においしい。
こういう最高の食材は、一番シンプルな方法で食べるのが上。
長くなってしまった。では、日本の豚をイタリアの調理法でどうぞ。  
    →三元豚について

il Cibo(2人分)
  豚Tボーン   ・・・400g
   (なければバラブロック)
  ニンニク   ・・・1かけ
  ローズマリー   ・・・4枝
  オリーブオイル   ・・・大さじ1
  白ワイン   ・・・50cc
  こしょうEXVオリーブオイル  適量
  バルサミコ酢   ・・・適量

   ――付け合わせ
  トレヴィス  ・・・ひとつかみ
  ルッコラ   ・・・ひとつかみ

tboen-2-123456.jpg

la ricetta(仕込み)
①まな板の上で、豚肉を両面からフォークで刺して筋を切る。
 この作業をしておくと、肉が柔らかくなるとともに、焼いても反り返らなくなる。

②そして肉たたきでたたき、およそ1.5倍くらいにのばす。
 両面に塩、コショウ、ローズマリーをすりこませる。
 そして1時間以上冷蔵庫で寝かす。
 (ポイント: 肉が厚いので中まで塩味を付けるには時間をかける。)

(直前に焼きます。)
③木べらでニンニクをつぶす。

④フライパンを火にかけ、オリーブオイル、ニンニク、ローズマリーを
 入れてぽこぽことしてきたら弱火でじっくりオイルに香りを移していく。
     →基本テク「ニンニクの火入れ」
 香りが立ってきたら、いったんニンニクとローズマリーを取り出す。

⑤強火にして、フライパンから煙が出るくらい熱する。
 そこへ豚肉を入れ、一気に焼き色をつける。すべての面がこんがり香ばしい
 濃いきつね色になるように焼き上げる。

⑥⑦そこへ白ワインを入れて、一気に蒸発させると同時にフライパンの
 ふちを火に寄せて、フランベする。写真はやり過ぎました。
 ここからは、ずっと弱火で肉に火を入れていく。


tbone-2-789.jpg

 弱火で10分近く焼いて、中まで火が通っていれば取り出す。
 つまようじで肉をさし、血が付いてなくて、穴から透明の肉汁が出てきたらok

⑧まな板にのせて、一口大にカットする。この時ちょっと塩を調える。

⑨お皿に付け合わせを添えて、豚を盛りつける。
 ニンニクとローズマリーもトッピングし、
 全体にEXVオリーブオイルをまわしかけて完成!
 お好みでバルサミコ酢をまわしかけてもおいしいよ。


■■手長エビとルッコラのトマトソース スパゲッティ■■
spaghetti alla scanpi  (目標:20分)

イタリアでは、手長エビがちょっと高級食材として使われる事が多い。
エビ大好きの日本では、赤座エビなんかで代用できるし、
特にどのエビを使ってもおいしく食べられると思う。
エビ特有のしっかりした味がソースにつくため
苦いルッコラをパスタに振りかける事で、味のバランスがぐっとよくなる。
見た目にもさわやかなパスタで、テーブルに彩りを添えてくれる。

il Cibo(2人分)
  スパゲティ (太さ1.6mm)   ・・・160g
  にんにく   ・・・1かけ
  赤とうがらし   ・・・1本
  手長エビ   ・・・4匹
  白ワイン   ・・・50cc
  アンチョビ(フィレ)   ・・・1枚
  イタリアンパセリ(みじん切り)   ・・・大さじ2
  基本のトマトソース   ・・・160ml
  オリーブオイル、EXVオリーブオイル黒こしょう

ebi123456.jpg
la ricetta
①エビは、殻付きのまま背わたをつまようじで抜き取り、足とひげをとりのぞく。
 ニンニクは木べらをのせて上から押しつぶし、赤とうがらしは種を取って粗くちぎる

②フライパンンにオリーブオイル大さじ1とニンニク、
 赤とうがらしをいれて火にかける。
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
  この作業がとても大切! →基本テク「ニンニクの火入れ」
 ニンニクが色づいてきたらアンチョビを加えて、さっといためる。
  (ポイント:オイルでいためる事でアンチョビの臭さを取る)

③ここに手長エビをいれ、両面をこんがりと焼き上げる。

④きつね色になる直前に火を強めて、白ワインを加える。

⑤⑥一気に蒸発させてフランベする。

ebi789.jpg
⑦イタリアンパセリと基本のトマトソースを加えて煮る。

⑧ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。  →基本テク「パスタのゆで方」
 よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、
 仕上げにEXVオリーブオイル大さじ1を加える。
   →基本テク「オリーブオイルの使い分け

⑨器に盛りつけて、ルッコラをトッピングして完成!

 パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。 
 ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない。


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0201

今回のテーマは『ザ・ハッピーバースデーイタリアン』
そのまんまですが、イベントの時はストレートさが大事
見た目にも豪華なご馳走を作ったなら、
それをより引き立てるゴージャスで特別感のあるコーディネートをしよう
せっかくだから、ドレスコードも決めちゃって、心も見た目も女度上げていきましょう
心を込めた最高のパーティーで友達を祝ってあげよう!!!

2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0070
 今回はこの4つ!
ベースは明るく!爽やかに!
ベースを鮮やかな色にすると生き生きした、楽しい雰囲気になります
さし色でメリハリ!!
黄緑に対して補色の紫を少し入れて、メリハリを演出!
メリハリがあると上質感が増します
《紫の量を増やすと、もっとドラマチックな印象です。今回は二枚にして、楽しさを重視しています》

パーソナルスペース(各自の場所)でフォーマル感を演出
 取皿・グラス・カトラリー・ナプキン・メニュー表をセットにしておくと、特別感が出ます。
《今回は紙ナプキンを個人のプレースマットとして使用。分かりやすいでしょ

料理の配置にも気を配る
人数が増えると食べたい料理に手が届かないもどかしさってありますよね?
できれば同じ間隔に同じ料理を置きましょう!
皆が平等に楽しめてこそ最高のパーティーです

+α 背伸びテク "メニュー表を作ろう"
特別感の演出に一役かうのがメニュー表
メニューが決まれば、ちゃちゃっとパソコンで打ち込んで、色付きの画用紙など(台紙になるもの)
に貼り付けるだけ!!!
超簡単なのに、とっても本格的に見えちゃいます
簡単なメッセージなんかも添えるとよりグッド


      2009_0707HP用#6-9と調理画像-続00752009_0707HP用#6-9と調理画像-続02082009_0707HP用#6-9と調理画像-続0049



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


プキンは、膝にかけて着ているものが汚れないようにしたり、手や口を拭くためにあります。
そして、色や、素材、が豊富なので、テーブルコーディネートのワンポイントとして、
とても重宝するアイテムなんです

サイズは60角、50角、40~45角と様々ですが、家庭では40~45角が使いやすいと言われています。
ナプキンは「色」のほかに、折り畳んだり、丸めたりして「形」演出を楽しむ事もできます。
※今回は丸めてメニューカードの土台にしています

紙ナプキンよりもフォーマルに、そしてアレンジ豊富なので、一組持っておくと
簡単に食卓をランクアップさせてくれる優秀アイテムです


さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート 誕生日 ハッピーバースデー

#08 全員集合!ブルスケッタ大作戦!

sean8.jpg

んなで料理しながら、しゃべるのって楽しくないですか?
“金曜日の仕事が終われば、全員うちに集合!”こんなメールが来たらテンション上がる!

みんなで作りながら食べて、食べながら飲んで、飲みながらしゃべろう!
全部完成するまでに、食べ終わるメニューがあるくらい盛り上がろう。
飲んで、しゃべって、料理する。そんな週末があるから仕事もがんばれる。
今回のじぶんちレストランは、

①飲んで、しゃべりながら作れるくらい簡単
  (だらだらと2時間くらいは料理しよう)
②作りながら食べよう。
  (もし完食したら立食パーティーだったって言おう。)
③全員参加の大量料理


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 おしながき
ブルスケッタ5種
バーニャカウダ
イワシのベカフィーコ

(作りながら食べるので3時間以上はだらだら作りましょう)

8トップ

■■ ブルスケッタ 5種 ■■■■■■ 
bruschetta cinque tipi (推奨:時間)

・ 鶏レバーペースト  [Firenze]
・ パプリカのマリネ  [Roma]
・ トマトとモツァレラのカプレーゼ  [isola di Capri]
・ モツァレラ セミドライのアンズ 生ハム  [Bologna]
・ 鶏肉のローズマリーロースト  [Toscana]


地方によってまったくのせる具材が違うおつまみ的な前菜。
例えば、フィレンツェのパンには塩が入ってなく、そのまま食べても味がない・・・。
けれど、鶏のレバーでつくる個性的なペーストをのせると、
逆に味なしパンがおいしく感じる。
地方によってパンも違うし、味付けも特徴があるんです。
今回は、僕たちがここイタリアでおいしいなと思った材料を中心に紹介します。

1 鶏レバーのペースト [Firenze]
il Cibo(バゲット 8枚分)
  鶏レバー   ・・・150g
  タマネギ   ・・・1/3コ
  ローリエの葉   ・・・1枚
  アンチョビ(フィレ)   ・・・1枚
  白ワイン   ・・・30cc
  ハチミツ   ・・・小さじ1
  鶏のだし汁   ・・・60cc
  ニンニクみじんぎり   ・・・半かけ
  バター   ・・・10g
  タイム   ・・・1枝
  コショウ   ・・・適量

bul123456.jpg
la ricetta
①タマネギとアンチョビを1cm角に切る。

②鶏レバーは、余分な脂や血管、変色している部分を取り除き、
 繊維にそって2~3cm大に切る。

③氷水を入れたボウルに鶏レバーいれる。切れ目から血管が浮き出てくるので、
 つまんで押し出しながら取り除く。

④ふきんまたはタオルをひき、鶏レバーを氷水からあげ、
 表面の水気をよく拭き取っておく。

⑤鶏レバーをお皿にうつし、塩、コショウをふり、軽くまぶす。

⑥フライパンを中火にかけバターとみじん切りにしたニンニクを熱し、
 タマネギとアンチョビを炒める。タマネギを端によけ、鶏レバーを強火で炒める

bul78.jpg

⑦鶏レバーに焼き色がついたら、白ワインを入れ、アルコール分を飛ばす。
 次にだし汁、ハチミツ、ローリエの葉を入れて全体を混ぜる。

 水分がなくなったら、ローリエの葉を取る。
⑧フードプロセッサーでペースト状にし、途中で塩こしょうで味を調える。
 (イタリアの家にはフードプロセッサーがないから、
       包丁でたたいて少し粗いペーストにした)

これをボウルに移し、氷水を当てたボウルで冷やす。これで完成!

2 パプリカのマリネ [Roma]
il Cibo(バゲット 8枚分)
  パプリカ(赤)(黄) ・・・各1個
  イタリアンパセリ   ・・・1枝
  EXVオリーブオイル ・・・大さじ1
  白ワインビネガー   ・・・大さじ1/2
  コショウ   ・・・適量

pap123.jpg

pap4.jpg
la ricetta
①熱した魚焼き器(もしくは魚焼きグリル)にパプリカをのせて、
 全面が真っ黒になるまでじっくり焼く。

②冷水を張ったボウルにパプリカを入れて急激にさます。
 あら熱がとれたら、素早くパプリカの皮を手でむく。
 パプリカのヘタと種は包丁で取り除く。

③パプリカを細ギリにして、みじん切りにしたイタリアンパセリと合わせ、
 白ワインビネガーを加える。

④ここにEXVオリーブオイルを入れ、塩、コショウで味を整える。
 これで完成!


3 トマトとモツァレラのカプレーゼ [Isola di Capri]
il Cibo(バゲット 8枚分)
  プチトマト    ・・・4個
  モッツァレラチーズ・・・50g
  バジル      ・・・2枚
  EXVオリーブオイル・・・小さじ1
  こしょう    ・・・適量

moza1.jpg
la ricetta
①プチトマトもモッツァレラも約5mmに切り、
 水分は、キッチンペーパーで拭き取っておく。
 バジルは千切りにしておく。(金気を嫌うので手でちぎってもいい)
 これで準備完了!

4 モツァレラ セミドライのアンズ 生ハム [Bologna]
il Cibo(バゲット 8枚量)
  モッツァレラチーズ   ・・・50g
  セミドライのアンズ   ・・・2個
   (イチジク等もok)
  生ハム      ・・・2枚(20g)
  EXVオリーブオイル
  タイム(飾り用)   ・・・適量
  コショウ     ・・・少々

moza2.jpg
la ricetta
 セミドライのアンズをスライスする。
 モッツアレラと生ハムを8等分して準備完了!

5 鶏肉のローズマリロースト [Toscana]
il Cibo(バゲット 8枚分)
  鶏もも肉     ・・・100g
  ニンニクみじん切り・・・1かけ
  オリーブオイル  ・・・大さじ1/2
  ローズマリー   ・・・1/2枝
  レモン汁/EXVオリーブオイル  ・・・少々
  コショウ   ・・・少々

tori12345.jpg
la ricetta
①鶏もも肉に塩こしょう、ローズマリーをすり込んで15分置いておく。

②フライパンにみじん切りにしたニンニクとオリーブオイルを加え、
 弱火でオイルに香りを移す。皮側から鶏肉を焼き始め、
 両面をこんがりきつね色に焼き上げる。

③④焼き上がった鶏肉をフォーク等で裂き、レモン汁、
 EXVオリーブオイル、塩、コショウで味を整える。これで完成⑤


さていよいよバゲットにのせて完成させていく。

baget1.jpg  nin1.jpg

①まずはバゲットを軽くフライパンで焼きましょう。少し色づくくらいまで。

---------------------------------------------------------------------------------------------
1 フィレンツェ風 鶏レバーペースト  
    →ニンニクバゲットにのせ、タイムでトッピング。
2 パプリカのマリネ  
    →ニンニクバゲットにのせるだけ
3 トマトとモツァレラのカプレーゼ 
    →チーズとトマトを交互に重ね、バジルをふり、
      EXVオリーブオイル/塩/コショウで味付けして完成。
4 モツァレラ セミドライのアンズ 生ハム  
    →バゲットに生ハムを乗せ、その上にチーズとアンズ、タイムをトッピング
5 鶏肉のローズマリーロースト 
    →バゲットにン背て、ローズマリーをトッピングして完成

ニンニクバゲット・・・バゲットに切った生ニンニクの断面をこすりつけて風味を移し
              EXVオリーブオイルをはけでぬったもの②。

---------------------------------------------------------------------------------------------
【ポイント】 焼いたバゲットは、かりっとした歯ごたえがうまい。
 時間が経って具材の水分を吸収しないように、バターやオイルでコーティングする



■■バーニャ・カウダ ■■■■■
bagna cauda  (目標:20分)

ピエモンテ地方生まれの、フォンデュスタイルで楽しむ前菜。
あったかいソースと、冷たい野菜の食感が楽しい。
深夜のBARで、ゆっくりと飲みながらつまんでいるようなイメージのある
ちょっとムーディーな前菜だ。
野菜は、合いそうなものなら何でもかまわない。
僕は、湯であげたジャガイモをスティックにしてよく食べる。
余ったソースは冷蔵で1週間、冷凍して1ヶ月くらいは食べられるので、
保存食にしておくと、困ったときに重宝する。

il Cibo(2人分)
    --ソースの材料
  オリーブオイル   ・・・80cc
  アンチョビ(フィレ)・・・8枚(40g)
  にんにく      ・・・1株(40g)
  牛乳        ・・・100g
  タマネギ      ・・・1/5コ(40g)
  コショウ      ・・・適量

    ――ディップ野菜
  赤パプリカ  黄パプリカ  にんじん
  ウイキョウ  カリフラワー  トレヴィス
  さやいんげん  ヤングコーン  など

まずは、ソースを作ろう。
la ricetta
bana123.jpg
①ニンニクの皮を取り、縦半分に切り、芽があれば取り除いておく。
②鍋にニンニクと、分量の半分の50ccの牛乳を入れる。
③さらに粗みじん切りにしたタマネギと、材料がかぶるくらいの水(分量外)を入れ、
 沸騰するまで煮ていく。

bana456.jpg
④沸騰したらざるにあけ、煮汁は捨てる。これでニンニクの臭みがとれた!
⑤ざるにあげた材料を鍋にいれ、50ccの牛乳と、
 材料がかぶるくらいの水(分量外)を加えて再度煮る。
 材料につまようじがすっと刺さるようなら、火が通っているので、
 火を止めてざるにあげる。
⑥ざるにあげた材料を裏ごしし、アンチョビフィレとともに鍋にいれ、
 オリーブオイルを加えて弱火にかける。

bana7.jpg
⑦火にかけたら、泡立て器でとにかくよく混ぜるのがポイント。  →基本テク「乳化」
 写真のようによく混ざったら完成!
 
bana8910.jpg
次にディップ野菜を準備しよう。
⑧パプリカ、人参、セロリは食べやすいサイズに切っておく。
⑨カリフラワーや豆類等は1~2分ゆでておく。
⑩後は盛りつければ完成!


■■イワシのベカフィーコ■■■
beccafico  (目標:15分)

イタリアのシチリアという島は、ちょうど長靴のつま先のあたりにあり、
ヨーロッパでもっとも美しい島と言われる。そのためバカンスや観光客で賑わうが、
実は食文化が一番おもしろいところです。というのは、むかしからこの島は、
地理的にいろんな国の侵略を受けているため、いろんな食文化が混ざっている。
今回紹介するこの料理も、イワシレーズンなど一風変わった組み合わせだけど
時代を超えて残ってきたものだからこその、力強さがある。
ぜひ、シチリア料理を覚えるきっかけになってほしいと思ったりします。

il Cibo(2人分)
  イワシ    ・・・6尾
  干しぶどう   ・・・12粒
  パン粉   ・・・50g
  イタリアンパセリみじん切り   ・・・大さじ1
  ペコリーノチーズすりおろし   ・・・大さじ1
  コショウEXVオリーブオイル   適量

8べか

イワシの下処理はこちら →基本テク「イワシの手開き」

⑩⑪少し強めに塩、コショウをして
 モリイカ(フライパンできつね色になるまであぶった細かいパン粉)
 を全体に振りかけ、レーズンを2粒ずつおいていく。
 そこにイタリアンパセリのみじん切りとペコリーノチーズの
 すりおろしをまんべんなくふりかけていく。

⑫頭側からくるくるっと丸めて写真のようにようじでとめていきます。

⑬バット(そのままオーブンに入れられる容器)に並べます。
 ベッカフィーコの“小鳥のくちばし”という意味が、なんとなくわかるでしょう?

⑭これを200℃のオーブンで10~15分焼き上げます。
 最後に皿に盛りつけてEXVオリーブオイルをまわしかけて完成!



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0709HP用#6-9と調理画像-続0026


今回のテーマは『気まぐれイタリアン』
今日は飲みながら作り、話し、食べる・・・とにかく自由気ままにやるってことね
そうやって気を使わず集まれる仲間がいるって最高
ワイン片手にソファやベッド、キッチンで皆好きな場所に居るけれど
何処にいても近いのがワンルームの特権です
みんな好きなだけ飲んで食べて、寝る人もいて・・・
でも必ず最後に皆言うのです『最高に楽しかった』と
ここまで自由奔放なのも、じぶんちレストランの醍醐味ですね

2009_0709HP用#6-9と調理画像-続0014
 今回はこの3つ!
個人の席は作らない
人数分のグラスと小皿を用意しよう(フィンガーフードが多いので紙ナプキンだけでもOK)
《食器をサイドに寄せてセルフ形式にすると、気兼ねなく好きな所で飲めますね》

ベースはカジュアル感のある色!!
パーティーといえばコミュニケーションと感動、楽しさが基本です!!
明るく爽やかな色使いでハッピーな空間を演出

料理の配置にも気を配る
人数が増えると食べたい料理に手が届かないもどかしさってありますよね?
できれば同じ間隔に同じ料理を置きましょう!
皆が平等に楽しめてこそ最高のパーティーです


      2009_0709HP用#6-9と調理画像-続00182009_0709HP用#6-9と調理画像-続00452009_0709HP用#6-9と調理画像-続0048


♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


プキンは、膝にかけて着ているものが汚れないようにしたり、手や口を拭くためにあります。
そして、色や、素材、が豊富なので、テーブルコーディネートのワンポイントとして、
とても重宝するアイテムなんです

特に紙ナプキンはお値打ちなものも多く、柄、色など種類もたくさんあるので、幾つか持っておくと、
簡単に雰囲気を変えられるのでオススメです。
(一つ買うと、何だかお買い物行く度気になっていつの間にか増えていってます
そして、もう一つ、ナプキンや紙ナプキンがあるだけで、
細かい所まで気が利くとか、おしゃれと思われる確立は高いですっ(笑)

もう少し、特別感や上品さを出したい時は、布ものも(#09)にトライしてみるのもいいかも
まずは紙ナプキンが取り入れやすいので是非ためしてみてください


さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 イワシのベカフィーコ ブルスケッタ パーティー

#07 ドルチェの女王 とどめを刺したいとき

今夜の我が家も、女どうしで集まって、飲んで食べての大騒ぎ
だいたい誰が料理担当で、誰が食べる担当だとかって、何となくだけど決まってない?
どっちの担当だったとしても、食事の最後に手作りドルチェを出せば、
その日のオイシイトコロはぜーんぶいただき!

おしゃれなドルチェを作る人って、なんだかおしゃれな人に見えます。
ドルチェは、スタイリッシュなもの、素朴なもの、高級なもの、かわいいものと色々。
男から見て、その子の趣味が一番わかる料理が、実はドルチェ!(秘密)。

せっかくうちに来てくれたんだから、最後まで喜んでもらいたい。
今回のじぶんちレストランは、

① 今夜は、誰も作らないだろうドルチェ
② ドルチェなのにすごく簡単 (目標20分!)
③ おしゃれでかわいー


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 おしながき
渋栗のセミフレッド
苺のセミフレッド

(20分 + 冷凍庫で凍らせる)

order7.jpg

■■渋栗、苺のセミフレッド■■■■
semifreddo di castagna e fragola (目標:20分)

セミフレッドはイタリア語で、「半分凍った」っていう意味。
生クリームを使ったアイスクリームで、ふわっとしたかるい口溶けが楽しい。
いろんなフルーツで作る事ができるし、アスパラ等の野菜でもピューレにすれば
野菜嫌いでも食べられるドルチェになる。

il Cibo(各4人分)
 ――苺のセミフレッド
  (冷凍でも可) ・・・8個
  生クリーム   ・・・200cc
  グラニュー糖  ・・・80g
  ラム酒     ・・・小さじ2
  卵黄      ・・・3個
  ピスタチオ(みじん切り)・・・ひとつまみ
  ディル     ・・・1枝

 ――渋栗のセミフレッド
  マロングラッセ   ・・・6個
   (なければマロンペースト・・・45g)
  生クリーム   ・・・200cc
  グラニュー糖   ・・・60g (※マロンペーストが甘いので少し減らす)
  ラム酒     ・・・小さじ2
  卵黄      ・・・3個
  ピスタチオ(みじん切り)・・・ひとつまみ
  ディル     ・・・1枝
la ricetta
semi12345.jpg

あらかじめ、苺は冷凍庫で冷やしておく。

(共通)
①生クリーム400ccを8分立てに泡立てて置いておく。
泡立て器ですくうと先端の立った角が曲がる状態です。

(苺のセミフレッド)
②卵黄3個とグラニュー糖80gを湯煎しながら。
 白っぽくとろっとするまでよく混ぜる。
   (湯煎 :卵黄と砂糖が入っているボウルを、
        水のはいったフライパンに浮かべて、火にかける。約70度)

③8分立て生クリーム200cc分と合わせて、
 泡をつぶさないようにへらで切るように混ぜる。

④さいの目に切った冷凍苺と、ラム酒を加えて混ぜれば完成。
 あとは冷凍庫で半日凍らせる。

(渋栗のセミフレッド)
②卵黄3個とグラニュー糖60gを湯煎しながら
 白っぽくとろっとするまでよく混ぜる。
   (湯煎 :卵黄と砂糖が入っているボウルを、
        水のはいったフライパンに浮かべて、火にかける。約70度)

③8分立て生クリーム200cc分と合わせて、
 泡をつぶさないようにへらで切るように混ぜる。

マロングラッセ、ラム酒を加えて混ぜれば完成。
あとは冷凍庫で半日凍らせる。

(盛りつけ)
⑤スプーンで削るように取り、器に盛りつけていく。
削りにくい場合は、スプーンを水で濡らす。
ディルを飾り、ピスタチオのみじん切りを上から散らして完成!

同じ配合なら、苺や栗の他にマスカルポーネ100g、ブラッククッキー100g
などいろんなアレンジができる。


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : コンセプト イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート ドルチェ

#06 魚、丸ごと一匹であっと言わせる  パーティー

sean6.jpg
い余って我が家でパーティーする事になった。1ルームマンションなのに。。。
一体何を作ればいいの?
部屋はどうしたらいいんだろう??

料理も上手くないし!!!

そんなときに、簡単に作れて、みんなをあっと言わせるのが
魚一匹丸ごと使った料理。
この料理を出すと、ほぼ間違いなく全員から歓声が上がる。
さらにパーティーのときのちょっとしたコーディネート術を使えば、
「また来たい」って言われる事、まちがいない。
(練習しておくともっといい)
さて今回のじぶんちレストランは、

①パーティー初心者でも大丈夫(目標:集合2時間前くらい開始かな)
②魚丸ごと一匹でパーティーを盛り上げる
③ 準備しとけば、パスタをゆでて、魚を煮るだけ。


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
おしながき
マグロとアボガドのサラダ
スパゲッティ アラビアータ
白身魚のアクアパッツァ


(2時間くらいの前準備と作りながら、食べていく)
前菜→パスタ→メイン というのがイタリアンの流れだけど、食べたい順番でok!
分量はすべて2人前!人数に応じて分量をかえてください

order6.jpg


■■マグロとアボガドのサラダ■■■■■■
tonno e avogado  (目標:10分)

イタリアでは生魚って、カルパッチョくらいしかたべない。
マグロについては、トロはいまいち人気がなくて、赤身のツナが主流。
でも、日本でのお刺身のようにうまい食べ方ってのもあるはず。
というわけで今回は創作イタリアンです。

il Cibo(2人前)
  マグロの赤身  ・・・150g
   (中トロくらいまで)
  アボガド    ・・・1コ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   (スパイシーなものがよい)
   A: レモン汁   ・・・小さじ1
   A: 醤油    ・・・大さじ1
   A:       ・・・適量
  ディル(飾り用) ・・・2枝
  ピスタチオ(みじん切り)(飾り用)・・・小さじ1

la ricetta
①マグロは一口くらいのぶつ切りにする。

②アボガドは、包丁で種のまわりを一周するように切って2つに分け、種を取り除く。
それを一口大に切り分ける。

―――――――――――ここから直前――――――――――――――――――
③Aをすべてあわせて、白くとろっとするまでよくよく混ぜ、

④マグロとアボガドとあわせていく。
 器に盛りつけたら、ピスタチオをかるくふりかけ、ディルを添えて完成!


■■スパゲッティ アラビアータ■■■
spaghetti alla arrabiatta  (目標:20分)

イタリア語で「怒った」って意味のパスタ。
とうがらしのぴりっとした辛さを楽しむ。きほんのトマトソースさえ作ってあれば
本当に簡単に作れてしまう。シンプルなパスタなので他の料理を邪魔しない。
メインの魚や肉料理の個性が強いときには、重宝するメニュー。しかも簡単!

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(太さ1.6mm)・・・160g
  ニンニク     ・・・1かけ
  赤とうがらし   ・・・1本
  イタリアンパセリ(みじん切り)   ・・・大さじ2
  基本のトマトソース ・・・160ml
  オリーブオイルコショウEXVオリーブオイル 適量

最初にスパゲッティをゆで始める。  →基本テク「パスタのゆで方」

alabi123.jpg

①ニンニクは木べらをのせて上から押しつぶし、
 赤とうがらしは洗いながら種を取って粗くちぎる。

②フライパンンにオリーブオイル大さじ1とニンニク、赤とうがらしをいれて火にかける。
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
  この作業がとても大切! →基本テク「ニンニクの火入れ」

③ニンニクが色づいてきたら、イタリアンパセリと
 基本のトマトソースを加えて煮立たせて火を止める。

④ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。
 よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、
 仕上げにEXVオリーブオイル大さじ1を加えて
 器に盛りつけて完成!  →基本テク「オリーブオイルの使い分け

alabi4.jpg

パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。
ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない。


■■ 白身魚のアクアパッツァ■■■
 acqua pazza      (目標20分)

イタリア語で「狂った水」という名前の料理で、
アクアディマーレ(acqua di mare)とも言う。
白身魚ならたいていの魚で作れる、見た目のわりにはすごく簡単な料理。
(マダイ、ホウボウ、コチ、アイナメ、カレイ、イシダイ、イサキ、カサゴなど)
刺身なんかに比べてウロコとエラと内蔵をとるだけなので、初めてでも大丈夫。
しかも魚屋さんで取ってもらえば、速攻で完成してしまう。
この料理が家で出てきたら、歓声があがること間違いない!!

il Cibo
(30cmくらいの魚で4人分くらい)
  白身魚   ・・・1匹
  ニンニク   ・・・2かけ
  ローズマリー   ・・・4~5本
  タイム   ・・・3本
  あさり   ・・・20個
  ミニトマト ・・・5個
  ケイパー  ・・・大さじ1
  オリーブ実 ・・・5個
  オリーブオイル   ・・・大さじ2
  EXVオリーブオイル・・・大さじ1
  コショウ  ・・・適量
  白ワイン    ・・・50cc
       ・・・適量

la ricetta
《簡単!基本のさばき方》
aqua123456.jpg
①②まず、胸ビレと腹ビレをハサミで切りとる。

③④片側のエラブタを開き、エラの付け根を包丁で切り、
 割り箸等でねじるようにしてちぎり取る。

⑤肛門からアゴの辺りまで包丁を入れ、内蔵を取り出す。
骨の近くに血合い(血のかたまり)があるので、水を流しながら割り箸でこすり落とす

⑥水を当てながら、包丁かウロコ取りでウロコを落とす。
 しっぽ側から魚に対して包丁を垂直に立てこすっていくと簡単にとれる。
 顔面にもウロコあり!きれいに洗い流したら、キッチンペーパーで水気を拭き取る。

aqua-2-789101112.jpg

⑦目からしっぽにかけて骨に届くくらいの、深い切り込みを両面に入れる。

⑧塩とこしょうを両面にふり、切り込みにもすりこむ。
 タイム、ローズマリーを切り込みや腹に押し込んでいく。ニンニクは1かけ腹に入れる。

【ポイント!フライパンはテフロン!皮が焦げ付かないように注意が必要】
⑨フライパンに、木べらでつぶしたニンニク1掛けとローズマリー1本、
 オリーブオイル大さじ2を入れて、弱火で火を入れて
 オイルにニンニクとローズマリーの香りを移す。

香りが立ったら、ニンニクとローズマリーをいったん取り出し、一気に強火にする。

⑩十分に熱したフライパンで魚を焼く。
最初はすぐに皮がくっつくが、こげる寸前までじっくり火を入れると
簡単にはがれるので、少しの間我慢!火は中火をキープ!
こんがりときつね色になったら、ひっくり返して同様に焼き色をつける。
両面焼けたら、アサリを入れ、すぐに白ワインを加えてフタをする。

aqua121314.jpg

⑪ワインが蒸発してなくなる直前に、トマト、ケイパー、オリーブの実を加えて、
水を魚の半分ちょいが浸るまで注ぐ。

⑫あとは水分が半分くらいになるまで中火で煮詰めていく。
この時、フライパンを傾けて、水分とオイルを混ぜて乳化させてスープにしていく。
  →基本テク「乳化」

⑬最後に塩とこしょうで味を調え、器に盛りつける。
仕上げにEXVオリーブオイルをまわしかけて完成!    
                  →基本テク「オリーブオイルの使い分け



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0130

今回のテーマは『リッチ&リラックス』
 素材が主役の料理って何だかリッチな気分になりますよね、
 せっかくなのでメイン料理のインパクトを損なわないコーディネート、
 そしてゲストがリラックスできるような空間演出
 『また来たい!!』って言わせちゃおう
 こんなパーティーをちゃちゃっとやって見せれば、一目置かれる存在になれる

2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0097
 今回はこの3つ!
シンプルなベースで料理を引き立てよう
食器やマットは味気ないくらいシンプルでも大丈夫
《料理のない写真を見ると地味な印象ですが料理にインパクトがあるのでこれで十分(#05:引き算の法則)》

薄茶ベースでリッチ&リラックス
同系色でこだわり感を演出。カトラリーもナチュラルな物を選びリラックス感を演出
《薄茶は安らぎ・寛ぎ・などを感じさせ、ナチュラルで穏やかな居心地の良い空間にしてくれます》
《素材の良さも引き立ちます》

ナプキンでアクセントをつけよう
柄の入ったナプキンを置くだけで‘ナチュラル=素朴’から洗練されたシンプルさに変わります
《ここでも色は抑えて、まとまり感を意識してください

+α 背伸びテク "食器で高低差をつけよう"

今回は料理にインパクトがあるので、あえて小物を使わないので、背の高いグラスに前菜を入れて
テーブルに自然な動きを出しています
お皿よりも華奢なグラスに盛り付けると上品な雰囲気もだせますよ

      2009_0707HP用#6-9と調理画像-続00912009_0707HP用#6-9と調理画像-続01472009_0707HP用#6-9と調理画像-続0155





♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


には人の心理に様々な影響を与える力があります!!
例えば・・・
恋をすると、ピンクのモノを身につけたくなったり
緑に囲まれると癒されたり、青は涼しい感じ・・・とか、
皆さんもご存知だと思いますが、今回は色の持つイメージや効果を簡単にまとめます
色を味方につけて、気の利いた空間演出を楽しみましょ

第2弾(青・ピンク・茶)

●あお●
《イメージ》
信頼・希望・理想・静寂・平和・安心・冷静など、涼しげで心を落ち着かせてくれる色
《効果》
◆自立神経のなかでも副交感神経に働き、脈拍や呼吸を落ち着かせ、血圧や気分を安定させるます
 特に、明るいブルーや濃いミディアムブルー系の色調は、心地よさと安らぎを感じさせます!!!
◆ダークブルーは地位の安定、品格を表すので、高級感を演出する効果もあります!

●ピンク●
《イメージ》
優しさ・幸福・甘さなど、情緒を安定させ、心を穏やかにしてくれる色
《効果》
◆ピンクの優しい色からは、夢見るような雰囲気や、花の香りが連想されて、ロマンチックなイメージが 伝わります!!
◆赤の濃度の濃いピンクは、派手であでやか、妖艶でエネルギッシュな強さを感じさせます!!
◆攻撃的な感情を鎮め、穏やかで和やかな思いを伝えるメッセージ性をもっています!!

●ちゃ●
《イメージ》
大地・安定・安全・落ち着き・やすらぎ・くつろぎなど暖かみや居心地の良さを感じさせる色
《効果》
◆茶色は大地や木がイメージされるアースカラーなので、ナチュラルさを演出できます!!
◆落ち着きと、居心地の良さを感じさせます!!
◆濃い茶色はクラシックで高級な印象作り、明るくて薄い茶色はナチュラルで穏やかな印象に!!

同じ色でも、濃さや明るさで随分と印象が変わります。
その日、その人に合わせて色を選んでみましょう!


さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : コンセプト イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート アクアパッツァ

#05 仕事つづきの彼女をホッとさせるパスタ

sean5.jpg

最近、彼女の仕事が忙しいらしくて、ちょっと機嫌が悪かったり、疲れてたり。
忙しいのはわかるけど、せっかくうちに遊びにきても、けんかばっかり(怒)
なんだかちょっとすれ違いがちな時こそ、ちょっとした思いやりが大事
ホッとする料理って、手が込んだ豪華なディナーじゃなくて、
きっと家庭料理じゃないかな?

日本のイタリアンで家庭の味と言えば、やっぱり和風パスタ。
ちょっとした優しさに、きっとお互い素直になれるはず。多分。
というわけで今回のじぶんちレストランは、

①超初心者でも作れる。(目標:20分)
②けんかしない
③ほっとする家庭の味


いつもと違って本場イタリアからのレシピではありません!
でもフードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術をいつものように紹介します!



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
お品書き
■ たらこパスタ
■ 生ハムのインサラータ

(目標:20分)
taraco-top.jpg


■■たらこスパゲティ■■■■■■■■■
             (目標:20分)

もちろんイタリアでは、きっとお目にかかれないだろうと思っている。
ここフィレンツェで作ってみようと思ったけど、たらこも明太子もなかった残念。
でも、日本では家庭料理として、けっこうなじみのあるメニュー。
小学生の時、学校から帰ったばかりの土曜の午後に食べた、懐かしいシーンを思い出す。
焦がしバターの香り、パルメザンチーズのコク、生のたらこのうまさがたまらない。
たまに猛烈に食べたくなる味。
なんだかちょっとホッとする優しい味が出せたらブラボー

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(太さ1.4mm)※・・・160g
  たらこ(明太子でも可)   ・・・大1腹 (100g)
  バター(食塩不使用がベター)・・・60g
  パルメザンチーズ   ・・・30g
  きざみのり      ・・・適量
  青葉         ・・・適量
            ・・・適量

la ricetta
最初にスパゲッティをゆで始める  →基本テク「パスタのゆで方」

taraco1234567.jpg

①たらこは薄皮を切って中身を出しておく。

②冷たいフライパンにバター50gを入れて、中火にかける。
 バターが溶けてふちが茶色くなり、香りが強くなり始めたら、
 ゆで汁大さじ2を加え、これ以上はこげないようにしておく。→基本の「水分調整」
【ポイント】 特にバターは、色づき始めるとすぐに全体が色づき、焦げ臭くなる!

③バターとゆで汁をよーく混ぜ合わせ、少し塩味が薄いくらいで調え、弱火で保温。
必要に応じて水を入れて水分調節。

④ゆで上がったスパゲッティの湯をさっと切って、
フライパンに加えて、さっとあわせたらもう火から下ろす。

⑤たらこを加えて、ゴムベラでほぐしながらよくあえていく。

⑥残りのバター10gを加えて風味をよくし、さらにパルメザンチーズも加える。
 フライパンを軽くあおり全体を混ぜ合わせたら、器に盛り、
 きざみのりときざみ青葉をトッピングして完成!

【優しい味にする大事なポイント】
(1) 必ず火から下ろしてから、たらこを加える事!
   火を通してしまうとたらこはボソボソになる。滑らかに優しく仕上げよう。
(2)塩気は最後まで“薄味”に!
    ついつい水分が飛びすぎて、味が濃くてパサつくパスタになってしまう。
   途中から水分が足らなければ、ゆで汁(塩気あり)ではなく水で調節しよう。
   たらこやバターからも塩気が出るので
   完成時点で塩分は整えればいい。ジューシーで優しい塩味のパスタにしよう。



■■生ハムのインサラータ■■■■■■■
prosciutto crudo e insalata (目標:分)

イタリアのサラダは、凝ったドレッシングじゃなくて
オリーブオイル、レモン汁っていうシンプルな味付け。
あくまでも野菜の味を楽しむためのソース。
だからこそ、生ハムやアジのマリネなんかともあうわけです。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ)

il Cibo(2人分)
  生ハム     ・・・60g
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
hamusara123456.jpg
①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
写真はわかりやすくグラスで作っている。②でレモンとオイルが分離しているが、
よく混ぜる事で③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本の「乳化」

④⑤野菜は何を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
   よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。
   生ハムを一口2cm角くらいに切っておく。

⑥生ハムと野菜をボウルにあわせて、Aとよく混ぜれば完成!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
      塩が強すぎると、野菜の水分を奪い、漬け物のようになる!




 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

蛟呵」懶シ兩convert_20090710210243 ko-ho9

今回のテーマは『粋な男』
頑張りすぎな彼女の為に料理を作る…かっこよすぎます
しかも、和風パスタを選ぶあたりもですね。
せっかくなので、テーブルコーディネートでもっと彼女を驚かせ、癒してあげましょう!!
お疲れ気味な彼女が一瞬で笑顔になること間違いナシ!!
さり気ない優しさとスマートさを意識して!!
こういうことをさらっと出来る男性はかなり魅力的です


 蛟呵」懶シ誉convert_20090710211227

今回はこの2つ!
基本はモノトーンでかっこよく
 ランチョンマットと食器は白・黒のモノトーンスマートさを演出 
 《ベースをモノトーンでまとめるだけでモダンな印象になります》
 《ベースをシンプルにすることでちょっとした小物でもかなり引き立ちます
 
色使いで癒す
手軽に使える紙ナプキンで緑や紫を取り入れ、さり気なく癒しを演出
《この2色には、リラクゼーションストレスの緩和などの効果があります》
《同じ緑や紫でも明度や彩度が低いほうが沈静感があります》


      蛟呵」懶シ托シ神convert_20090710210424 ko-ho10蛟呵」懶シ廟convert_20090710210718 ko-ho5蛟呵」懶シ兩convert_20090710211022 ko-ho9



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。

 
には人の心理に様々な影響を与える力があります!!
例えば・・・
恋をすると、ピンクのモノを身につけたくなったり
緑に囲まれると癒されたり、青は涼しい感じ・・・とか、
皆さんもご存知だと思いますが、今回は色の持つイメージや効果を簡単にまとめます
色を味方につけて、気の利いた空間演出を楽しみましょ

第1弾(赤・橙・黄・緑)
●あか●
《イメージ》
情熱・暖かさ・興奮・歓喜・愛情・生命力・などダイナミックな力を感じさせる色
《効果》
熱意や勇気、実行力や権力を示すメッセージ性が高い!
(なので、赤のネクタイはアメリカの政治家に好まれているらしい)  
注意を促す誘目性が強い!    
(なので、消火器や広告、看板などに用いられている)
愛情を伝え、情熱を喚起する色!
自立神経の中でも、交感神経に働くので、興奮を高めたり、決断を促す効果が強い!

●だいだい●
《イメージ》
楽しい・愉快・活気・元気・ユーモラス・創造性・陽気など、暖かさと豊かさを感じさせる色
《効果》
◆赤と黄色の性格を併せ持ち、
 物事を前向きに捉えるエネルギーと、心を自由に解き放つ楽しい雰囲気を兼ね備えた色!
人目を引き、食欲を刺激する!

●き●
《イメージ》
明るさ・活気・楽天的・愉快・軽快・喜び・明朗など明るい光をイメージする陽気な色
《効果》
明るい黄色は脳を刺激して、消極的な気分を一掃し、前向きな気持ちを引き出してくれる!
黄色と無彩色の黒の組合せは、視認性が一番高く、記憶に残りやすい!
 (なので、注意を促す道路標識や危険を知らせる警戒標識などに多くしようせれている)
明るく優しい黄色は、楽しい会話や社交的な雰囲気を作り出す効果がある!

●みどり●
《イメージ》
調和・リラクゼーション・穏やか・自由・平和などストレスを緩和し、脳の興奮を鎮める色
《効果》
目に優しく、気持ちを穏やかにし、心をリラックスさせる効果がある!
明るい黄緑はフレッシュな感覚を、深い緑は安定感を連想させる!
日々の疲れを癒し、心をリフレッシュさせる効果がある!


このように、
色の持つ特徴をまとめておくと、その日、その人に合わせたカラーコーディネートができ、
“居心地のよいおおてなし”が簡単にできます



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート

#04 豪快さで魅せる 男イタリアン

sean4+.jpg

料理するオトコはつくづくかっこいい、と思える料理はこれだろう。
もうカレーとチャーハンとラーメンだけが男の料理じゃない!
日本でもミートソースとかラグーとして、愛されているボロネーゼだ。
ボロネーゼは、一気に1kgぐらい大量に作る方が、絶対にうまい!
一番のコツは、強火で豪快にがんがん肉を焼く事。
こげそうでも男は我慢
子供から大人までみんなが大好きな、どこか懐かしい味。
素材にこだわった分だけ、おいしくなる、そんな料理だ。
レトルトや缶詰めとは違い、
ほんとはこんなにおいしかったんだと思うはず。
ずばり、今回のじぶんちレストランは、

①大量に作って腕力を魅せる
②強火でがんがん豪快さを魅せる
③こだわる男のかっこよさを魅せる
 
 (煮込み入れて2時間。さらに一晩寝かす)
  ※魅せる事を意識しすぎると、ちょっとひかれます。

いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 おしながき
スパゲッティ ボロネーゼ
インサラータ ノルマーレ

(焼いて煮込んで約2時間 +一晩寝かせる。 )

order.jpg

■■スパゲティ ボロネーゼ■■■■■■
spaghetti alla Bolognese (目標:時間くらい+一晩寝かす)

今回、紹介するのは、本場イタリアのボローニャ生まれのレシピ。
しっかり焼いた肉にトマトとワインの味を、ぎゅっと凝縮したシンプルだけど深い味。
日本では、ケチャップで甘さを加えたミートソースが、一般的?だけど、
イタリアにはやっぱりそんなのなかった。
僕としては、あの味にチーズをがんがんかけて食べるのが
懐かしくて好きなんだけど。。。 でも、そういう人も大丈夫!
今回のレシピでも、パスタをいれる直前にケチャップをいれれば、
懐かしいその味になる!
本場よりもうまいと思ったら、そっちで食べてみてください~。
そして、今回のソースは、ラザニアなど他の材料にも使えるし、
一度にたくさん作った方が断然うまいので、豪快に大量に作ろう!

il Cibo
 --ボロネーゼソース
  牛ひき肉(合い挽きでも可)・・・1kg
  トマト水煮缶     ・・・400ml × 3缶
  赤ワイン       ・・・ハーフボトル 1本
 (安いものでいい。どちらかというと甘口がよい)
  タマネギ   ・・・1/2コ
  ニンジン   ・・・1/4本(タマネギの半分量)
  セロリ    ・・・1/4本(タマネギの半分量)
  ニンニク   ・・・1かけ
  月桂樹の葉(ベイリーブ)   ・・・1枚
  オリーブオイル   ・・・100ml
  コショウ   適量

 ――スパゲッティ (2人分)
  スパゲッティ(太さ1.6mm)・・・160g
  バター       ・・・10g
  パルメザンチーズ  ・・・かけたいだけどうぞ

la ricetta
まずは、ソフリット(煮込み料理に使う野菜の旨味入りオイルソース)を作ろう。
boronese123456.jpg

①タマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニクをぞれぞれ細かいみじん切りにして、
 オリーブオイル100mlとともに火にかける。

②後で使う煮込み鍋を使えば、省エネ。
 焦がさないように弱火でじっくり10~20分いためる。
 全体がペースト状になればOK!
 もっと炒めても甘みと旨味が出るので、時間があればやってみてください。

③④大きめの中華鍋(なければフライパン)を強火にかけ、煙が出るくらいまで熱したら  サラダオイル(分量外)をひいて、塩こしょうしたひき肉をざっくりと広げる。
 十分に熱してあれば、かなり激しくジュウっという音がする。
(イタリアでは、ミンチは成形してあるので、写真はハンバーグみたいに見えるけど)
大事な事は、ずっと強火!決して混ぜない!少しこげてもいいからとにかく我慢!
少しこげるくらい焼き色をつける方が、香ばしくて肉の旨味が活きる!
こげ過ぎの直前で、ひっくり返して同じように我慢して焼く!


⑤⑥両面が焼けたら、少しずつほぐしながら焼き、全体的にかりっと焼き色をつけていく。
 フライパンのオイルが濁ってなければ、全体に火が通った印。
 ちょっと怖いけど、ずっと強火で焼き続けるのが我慢の見せ所だ。

boronese7891011.jpg
⑦焼き上がったひき肉達を、煮込み用の鍋にいれソフリットと合わせる。
 鍋を中火で火にかけながら、全体に混ぜ合わせ、一気に強火にして限界まで熱する!
 そこへワインの半分量を注ぎ、一気に蒸発させる。(火が出るのでフタは禁止)

⑧残りのワインは、肉を焼いたフライパンを強火にかけながら注ぎ、一気に蒸発させる。
 肉の旨味をワインに移してやれば、これも鍋に合わせてやる。

煮込み鍋を中火にして、ワインの水分がほとんどなくなるまで煮詰める。
【ポイント】これはワインの旨味を肉に閉じ込める作業。
      ワインが残っているのに次の水を入れると味がぼやける。


⑨トマトの水煮缶を、手でつぶしながら鍋に加えていく。
(出来上がりを滑らかにしたければ、別ボウルで、完全につぶしておく)

⑩月桂樹を1枚に込み鍋に入れて、沸騰したら弱火に落とす。
ポコポコポコという状態をキープしてゆっくりじっくり煮込む。
時々こげないように混ぜながら、1時間くらい煮込めば完成!

でも食べるのは、一晩寝かせた次の方がうまい!最後まで我慢の料理なのだ。
【ポイント】 煮込み料理は、いったん温度を下げて置いておく事で、
       味が全体に染み渡り一体感が増す。

 カレーのジャガイモが二日目から味がしみ込んでいくような状態。
 具とソースの味がお互いになじむ。

  ・・・翌日

⑪スパゲッティにして食べよう。
いつものようにパスタをゆで始める。  →→基本テク「パスタのゆで方」

フライパンを温めバターを10gいれる。バターがうっすらきつね色になり、
香りがたてばボロネーゼソースを220gほど加える。
あたためるだけでいいので、パスタがゆで上がるまでは、弱火で待たせておく。
水分が足らなければゆで汁を加えて調節してやる。

⑫湯であげたパスタを加えて、よくあえる。
(この時お好みでケチャップを入れて味を懐かしのミートソースにしてもよし。)

器に盛りつけ、チーズを信じられないくらいにふるとうまい。
これが本物のボロネーゼだ。レトルトとはまったく別物だ。

【ポイント】 残った分は1回分ずつ、ラップをして冷凍しておこう。
       1ヶ月くらいは風味そのままでいける。



■■インサラータ ノルマーレ■■■■
                   ※いつものサラダ
    insalata normale  (分)

イタリアでサラダと言えば、凝ったドレッシングなんて使わない。
だいたいが、オリーブオイルとレモン汁と塩こしょう程度のシンプルな味付け。
最初は、ドレッシングないの?と思ったけど、ほんとにうまい野菜を食べたときに、
これなら凝ったドレッシングなんていらない!って思った。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ)

il Cibo
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
sarada-n123456.jpg

①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
 写真はわかりやすくグラスで作っている。②はレモンとオイルが分離しているが、
 よく混ぜる事で、③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本テク「乳化」

④特にどんな野菜を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。

⑤ボウルにあわせて、Aとよく混ぜれる!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
     塩が強いと、野菜の水分を奪って、漬け物みたいになってしまうので注意!


⑥まずは、葉っぱを一握り高く盛りつけ
 最後に先頭の写真のようトマトを乗せたら出来上がり♪



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

蛟呵」懶シ点convert_20090710185439 ko-ho3

今回のテーマは『味のあるコーディネート』
豪快で味わい深いボロネーゼを作ったなら、
こだわり感や力強さの中にある暖かさ・優しさを引き出すコーディネートで彼女をもてなそう!!!
今日は色合わせだけの簡単テクです
一味違ったセンスの輝きを見ると・・・この人、素敵って思います。
女子は結構そういうところ、見てますよ(笑)

 2009_0628HP逕ィ20012_convert_20090710184749 12
今回はこの2つ!
お皿と紙ナプキン、この二点で勝負
この二点を類似色・同一トーンでまとめてこだわり感を演 出
  《黄色と緑は類似色で相性がよいです》
  《男の渋さを出すために2色ともトーンが低いものをチョイス!明るくなると元気な印象に》
 
ぼってりした力強い食器
丸みがあり、厚みのある食器で料理の温かさやガッツリした男らしさを演出
《暖色系のお皿に盛ると、見た目の温かさが増し美味しそうに見えます

+α 背伸びテク "引き算の法則"
洋服や、恋愛においてもそうだけど、
どんどん足していくだけではバランスが悪くなってしまうもの
今日はメインのパスタが存在感重視なら、サラダ皿やコップはガラスを選ぼう!!
わざとヌケ感を作る事で、
野暮ったくなりがちな暖色の食器も‘味’としてかっこよく見えちゃいます


      2009_0628HP逕ィ20013_convert_20090710185006 132009_0628HP逕ィ20053_convert_20090710185333 532009_0628HP逕ィ20042_convert_20090710185118 42



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。

     
 は視覚を通して味覚に働きかけます。
なのでテーブルコーディネートをするにあたり、"色”はとても重要なものなのです。
どんなに美味しそうな料理でも、マズく見えてしまう色あわせをしたり、
どんなにステキな食器をならべても、その日のシチュエーションに合わない色あわせをしてしまったら、
台無しです・・・
ちょっとしたコツを知っておくと、とても便利です

今回は色の基本『キレイな配色の法則』をお教えします

配色のパターンは大きく分けて2パターンです

まとまり or メリハリ

そして、それぞれをトーンで分けます…(計4パターンになります)

�まとまり(色)・・・同じ色や似た色同士の組合せ
            ※下図 8Yに対して6yO~10YG辺り。

�まとまり(トーン)・・・同じトーンや近いトーンの組合せ
              ※下図の同じ環、近い環(ペールとライト/ダークとダル等)   
※この場合色は何色を使ってもOKです

�メリハリ(色)・・・反対色(補色)の組合せ
           ※下図で反対、ほぼ反対に位置する色。8Yに対して21bP~19pB辺り。

�メリハリ(トーン)・・・大きく離れたトーンの組合せ
             ※下図で全く違う環(ディープとペールとか)の組合せ             
             ※この場合色は何色を使ってもOKです

これらを基本に組合せていくと、とっても簡単です

まとまりコーデは癒しやこだわり感
メリハリコーデはドラマチックな印象
                                     になります

tone2.jpg



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : コンセプト イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 ボロネーゼ 男の料理

#03 デート兼じぶんちレストラン

sean3.jpg

と一緒にアサリを採りに潮干狩りにいこう!市場まで行ってみよう!
野菜も魚も、市場で買うと楽しいし、とにかく新鮮でうまい。
ただ買い物に行くんじゃなくて、ちょっと足を伸ばすのがミソ。
仕入れもデートだし、料理だって2人でやれば立派なデート
時間をかけてゆっくり料理するって、実はとても贅沢な休日の過ごし方。
今回のじぶんちレストランは、

①せっかくだから仕入れもデート
②2人で作ればそれもデート
③ほのぼのとした休日の過ごし方


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 お品書き (2人分)
イワシの冷製マリネ
バーニャカウダ
スパゲティ ボンゴレ

  (全部あわせて1~2時間くらい) 
  ※まず最初に、アサリの砂抜きはしておく

order03.jpg

作り置きできるものから作ろう。
■■ イワシの冷製マリネ■■■■■■■ 
sardina marinata  (目標:15分)できれば半日寝かす

新鮮なイワシが手に入ったら、絶対にこれを作ろう。
イワシの身に、オリーブオイルとニンニクの香りを封じ込めて食べるのが絶品!
il Cibo
(2人分)
  イワシ  ・・・6尾
      ・・・適量

  ―-付け合わせ
  トレヴィス    ・・・3枚
  ルッコラ     ・・・ひとにぎり
  ディル(飾り用) ・・・2枝

  --マリネ液
  レモン汁    ・・・15cc
  砂糖      ・・・小さじ1
  EXVオリーブオイル   ・・・40cc
  白ワインビネガー     ・・・15cc
  ニンニク    ・・・1かけ(10g)
  セロリ     ・・・1/4本(25g)
  コショウ  ・・・適量

iwashi123456.jpg
la ricetta
①濡れふきんで拭いたバットにまんべんなく塩をふっておく。

②そこに手開きでおろしたイワシを並べていく。   →基本テク「イワシの手開き」

③切り身の上からも塩をふりかけ、バットを斜めにして10分間置く。

④水を入れたボウルでイワシの身を洗ったら、ペーパータオルで水気を取る。
 これで魚の臭みがとれて、塩で下味がついた。

ボウルにレモン汁・砂糖・白ワインビネガー・塩・コショウを入れて泡立て器で混ぜる
塩が溶けたら、EXVオリーブオイルをいれてさらに泡立て器で混ぜる。
ここに薄切りにしたにんにくとセロリを加えて混ぜておく。  →→基本テク「乳化」

⑤平皿に、マリネ液を半量ぬりひろげ、イワシを並べていく。

⑥すべて並べ終わったら、残りのマリネ液をかける。
 イワシの身に密着させるようにラップをかけて、冷蔵庫で半日置く。

iwashi-marine789.jpg


⑦トレヴィス、ルッコラなど付け合わせの野菜を、一口大にちぎって盛りつける。

⑧マリネ液につけたイワシを盛りつけ、ディルを飾って完成!


■■バーニャ・カウダ■■■■■■■ 
bagna cauda  (目標:20分)

ピエモンテ地方生まれの、フォンデュスタイルで楽しむ前菜。
あったかいソースと、冷たい野菜の食感が楽しい。
深夜のBARで、ゆっくりと飲みながらつまんでいるようなイメージのある
ちょっとムーディーな前菜だ。
野菜は、合いそうなものなら何でもかまわない。
僕は、湯であげたジャガイモをスティックにしてよく食べる。
余ったソースは冷蔵で1週間、冷凍して1ヶ月くらいは食べられるので、
保存食にしておくと、困ったときに重宝する。

il Cibo
(2人分)
    --ソースの材料
  オリーブオイル   ・・・80cc
  アンチョビ(フィレ)・・・8枚(40g)
  にんにく      ・・・1株(40g)
  牛乳        ・・・100g
  タマネギ      ・・・1/5コ(40g)
  コショウ      ・・・適量

    ――ディップ野菜
  赤パプリカ  黄パプリカ  にんじん
  ウイキョウ  カリフラワー  トレヴィス
  さやいんげん  ヤングコーン  など

bana123.jpg
la ricetta
まずは、ソースを作ろう。
①ニンニクの皮を取り、縦半分に切り、芽があれば取り除いておく。

②鍋にニンニクと、分量の半分の50ccの牛乳を入れる。

③さらに粗みじん切りにしたタマネギと、材料がかぶるくらいの水(分量外)を入れ、
 沸騰するまで煮ていく。

bana456.jpg

④沸騰したらざるにあけ、煮汁は捨てる。これでニンニクの臭みがとれた!

⑤ざるにあげた材料を鍋にいれ、50ccの牛乳と、
 材料がかぶるくらいの水(分量外)を加えて再度煮る。
 つまようじがすっと刺さるようなら、火が通っているので、火を止めてざるにあげる。

⑥ざるにあげた材料を裏ごしし、アンチョビフィレとともに鍋にいれ、
 オリーブオイルを加えて弱火にかける。

 火にかけたら、泡立て器でとにかくよく混ぜるのがポイント。  →→基本テク「乳化」

⑦写真のようによく混ざったら完成!

bana7.jpg

次にディップ野菜を準備しよう。
bana8910.jpg

⑧⑨パプリカ、人参、セロリは食べやすいサイズに切っておく。
   カリフラワーや豆類等は1~2分ゆでておく。

⑩後は盛りつければ完成!

■■ ボンゴレ ビアンコ■■■■■■ 
spaghetti alla vongole bianco (目標:20分)

イタリア語でボンゴレはあさり、ビアンコは白という意味。
アサリを白ワインで蒸し煮にして、だしがよく出たうまみたっぷりの煮汁を
パスタにぎゅっとすわせるとこれが絶品!

il Cibo
(2人分)
スパゲッティ(太さ1.4mm)※・・・160g
  あさり       ・・・500g
  アンチョビペースト・・・大さじ1
  白ワイン      ・・・80ml
  にんにく      ・・・1かけ
  赤とうがらし    ・・・1から2本
  イタリアンパセリ(みじん切り)   ・・・大さじ3
  EXVオリーブオイル・コショウ
  ※フェデリーニという名前でも売られている。
  ※コクが出るけどなければ加えなくてもいい。普通のアンチョビでは風味が強すぎる


la ricetta
下ごしらえ
あさりは、3%の塩水に1時間以上浸して、砂を吐かせた後、
殻をこすり合わせて洗っておく。
ニンニクは、みじん切りにする。ここでは大さじ1程度が目安。
赤とうがらしは、水で洗いながら種を取って、手で粗くちぎっておく。

bongo123456.jpg


①フライパンにオリーブオイル大さじ4とニンニク、
 赤とうがらしを入れ、中火にかける。

②ポコポコと泡立ってきたら弱火にし、焦がさないように
 時々フライパンを揺すりながら、じっくりいためる。
  →基本テク「ニンニクの火入れ」

③ニンニクがきつね色になったら、あさりとアンチョビペーストを加え、
 中火でざっと炒めあわせる。

④白ワインを注ぎイタリアンパセリ大さじ2を加え、こしょうを少々ふり蓋をする

⑤フライパンを揺すって、ざっと混ぜ合わせて、アサリを蒸し焼きにする。

ここでスパゲティをゆで始める  →→基本テク「パスタのゆで方」
※あさりから塩気が出るので、スパゲッティをゆでるときの塩の量は、
 いつもの1/3にする

⑥アサリの殻がひらいたらふたを外し、弱火にして蒸し汁が
 2/3量程度になるまで煮詰める。
 煮詰めたら、蒸し汁とオイルをかき混ぜてトロッと白くさせておく。
    →基本テク「乳化」

bongore78.jpg

⑦ゆで上がったスパゲッティの湯をよく切って加える。

⑧よく合えてアサリのうまみが溶け出しただし汁をスパゲッティにからめる。
 汁気が足りないようなら、スパゲッティのゆで汁を適量加える。

残りのイタリアンパセリ大さじ1をふってあえ、
こしょう少々で味を調えて、皿に盛りつけて完成!



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0702HP用30028

今回のテーマは『カジュアルイタリアン』
このシチュエーション爽やかすぎます。
でも、絶対に楽しいはず!!一緒に料理を作ったのなら・・・
最後まで手を抜かず、盛り付け担当とテーブル担当に分かれてじぶんちレストランを完成させよう
楽しい雰囲気を演出して、今日一日の出来事を思い出そう。
どんなお店よりも会話がはずみそう

2009_0702HP用30020


 今回はこの2つ!
ポイントに赤を入れて楽しさを演出
ビビッドな色をナプキン・キャンドルなどポイントに入れて、カジュアル感・楽しさを演出!!
《赤は情熱・歓喜・愛情など躍動するダイナミックな力を感じさせる色です》
《ベースに入れると、色が強すぎるので、あくまで小物で》

食器やカトラリーは遊び心のあるもの
ガラスのお皿やカトラリーで爽やかさを演出
《無色透明だと冷たいイメージになるので、ガラスでも暖色をチョイス》
《マリネは冷たい物なので透明でもOK!白の皿を下に敷くと食材が際立ちます》



      2009_0702HP用300252009_0702HP用300332009_0702HP用30021



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


        
        只今執筆中です



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

tag : イタリア料理 コーディネート 潮干狩り デート あさり イワシ マリネ レシピ じぶんちレストラン 料理

#02 彼にもっと愛されるイタリアン(デキル女編)

top02-2.jpg

ッタネスカ、オレンジのインサラータ(サラダ)、知っていますか?
食べた事のない料理が出されて、そしてそれがうまかったとき、              
この人すごいなって思います。
「この前のあれ作ってよ。」なんて彼に言われたら、もうこっちのもの。。
エレガントなのにダントツで簡単なレシピ。
デキル女は、愛される

今回のじぶんちレストランは、

①初めて食べる珍しいレシピ
②エレガントでスタイリッシュ
③ダントツの簡単さ (事前準備30分、直前15分)


いつものように本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiが
テーブルコーディネート術を紹介します!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ おしながき(2人前)
スパゲッティ プッタネスカ
オレンジのインサラータ

 (事前準備30分、直前15分)
  ※作り置きの基本のトマトソースがあれば、事前準備はほとんどなし。

order2.jpg

作って置いておけるものから作ろう。
■■オレンジのインサラータ■■■■■ 
                    ※インサラータ=サラダ
insalata della arancia (目標:分)

シチリアでは、太陽をいっぱい浴びたオレンジとフェンネルに、
絞りたてのEXVオリーブオイルをまわしかけ、
ハチミツとレモンで味を整えて食べるサラダ。
いい素材さえ見つければ、絶対においしくなるうれしいメニュー。
 (いい材料の選び方は、スーパーマーケットソムリエをどうぞ)

il Cibo(2人分)
  オレンジ(春ならデコポン)・・・2コ
  フェンネル        ・・・2枝
  EXVオリーブオイル    ・・・小さじ4
   (フルーティーなものがあう)
  ハチミツ         ・・・小さじ1
  レモン果汁        ・・・小さじ1

orange.jpg

la ricetta
①オレンジは、皮をむいて、リンゴのように切り分け、写真のようにさらに細かくする。

②フェンネルは、太い枝を外して、細かい枝の部分を2cmくらいに切りそろえていく。

③ボウルに、EXVオリーブオイル、ハチミツ、レモン果汁を入れて
   これでもかってくらいに混ぜる。
   写真④のように、とろりと白っぽくなってきたらソースOK。
   これはイタリアンではすごく大事なテクニック。  →基本テク「乳化」

⑤オレンジ、フェンネル、ソースをあえて完成。
 (注意:混ぜすぎるとオレンジがつぶれて水気が出てしまう)
   食べる直前に盛りつけるのがコツ。


■■スパゲティ プッタネスカ■■■■■■

Spaghetti alla puttanesca (目標15分)

イタリア語で“娼婦風”という名のパスタ。
ケイパー、黒オリーブ、アンチョビを使った個性的なトマトソースは、
男ウケがすごくいい味!あまり目立たないパスタだけど、
僕の一番好きなパスタです。

il Cibo
  スパゲティ (太さ1.6mm)・・・160g
  にんにく        ・・・1かけ
  赤とうがらし      ・・・1本
  ケイパー        ・・・大さじ1(10g)
  黒オリーブ       ・・・4個(10g)
  アンチョビ(フィレ)  ・・・1枚
  イタリアンパセリ(みじん切り)・・・大さじ2
  基本のトマトソース   ・・・160ml
  オリーブオイルEXVオリーブオイル黒こしょう

putta123.jpg

la ricetta
①ニンニクは木べらをのせて上から押しつぶし、
 赤とうがらしは洗いながら種を取って粗くちぎる。

②フライパンンにオリーブオイル大さじ1とニンニク、
 赤とうがらしをいれて火にかける。
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
 この作業がとても大切!        →基本テク「ニンニクの火入れ」

③ニンニクが色づいてきたらアンチョビを加えて、さっといためる。
 さらにケイパーと種を取った黒オリーブも加えていためる。
 (ポイント:オイルでいためる事でアンチョビの臭さを取る)
 
putta456.jpg

④こうばしい香りがしてきたら、
 イタリアンパセリと基本のトマトソースを加えて煮る。

⑤ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。  →基本テク「パスタのゆで方」

⑥よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、仕上げにEXVオリーブオイル大さじ1を
 加えて、器に盛りつけて完成!   →基本テク「オリーブオイルの使い分け

 パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。
 ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない!



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

♥♥♥ hitomiの今日のコーディネート♥♥♥
2009_0628HP用20037.JPG 1

今回のテーマは『ラグジュアリーモダン』
料理もエレガントなら、
テーブルコーディネートもいつもより上品スタイリッシュな物に挑戦してみよう!!
こだわりあるコーディネートで自分スタイルのある女…
そんな一面もデキル女度アップの予感


 今回はこの3つ!
2色でメリハリ
テーブルランナーとプレースマットに黄緑と紫の2色を組合せて、
メリハリ
を出しドラマチックな雰囲気を演出。
《この2色は補色関係(色相環上でほぼ反対に位置する色)で
お互いをキレイに見せる効果がありま~す

同系色の小物づかい
小物(キャンドル・花)は紫~赤の同系色で合わせ、こだわり感を演出。
落ち着きのあるトーンで合わせることで、大人の女性・エレガント・上品さを表現。
《プレースマットの色と合わせる事で全体に統一感がうまれます》

シンプルなカトラリー
食器やカトラリーはシンプルなものを選び、エレガントの中にシャープさをプラス
《白の食器はパスタを鮮やかに美味しそうに見せてくれます》
《フォーク・スプーンを重ねて置くだけでもスッキリ感が増しますね》

+α 背伸びテク "ナプキン"
出来る女は気配り上手とhitomiは思います
彼の洋服が汚れないように、ナプキンもしっかり用意。(さり気ない心遣いって素敵
これ一つでテーブル上もグンと上品な雰囲気になりますし、
見た目だけでなく実用性もあるのでかなり優秀
(たたみ方や置き方次第でどんな雰囲気にも合わせられるので、1つあると便利っす)

今回私は家にあったタッセルらしき物
(数年前に3COINで一目惚れしたが実際は短くて使えず)で軽くしばり、
カトラリー(スプーン・フォーク)を差し込みました。 

kowazatop02.jpg

♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


ーブルリネンとは、テーブルクロス、テーブルマット、ナプキン、ランナーを言います。
リネンは様々な色味を演出できるので、食空間のイメージ作りに大きく貢献します。
特に、テーブルクロスやランナー(写真:黄緑の布)は
想像してください…これらが占める面積の割合を…
とっても多いですよね

つまりテーブルリネンを1つ2つ持っておけば、
とっても簡単に雰囲気作りをする事ができます
実際、公の場では組合せのルールや素材などでランク付けはありますが、
自分家レストランでは自由な発想と組み合わせで
自分なりの素敵なコーディネート
を楽しんでください。
(今回hitomiはランナーにプレースマットを重ねて、色のコントラストを出しました。)

無理して高価な物を用意する必要はありません。
自分の好きな生地をかってオリジナルで作るもよし。
色の組合せ次第でカジュアル~フォーマルまで演出することもできるのです!!

さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : スパゲティ イタリア レシピ オレンジ プッタネスカ コック コーディネート 自宅 料理 じぶんちレストラン

#01 遅く帰ってきた彼氏に作るイタリアン

sean1.jpg


仕事なんかで遅くに帰ってくるとき、ご飯を作ってまっててくれると
とてもステキです。昔から言われてる事だけど、
男ってそーゆーのに相当弱い!

しかも、時間をかけて、すっごくがんばってくれた料理もいいけど
時間をかけずにさっと、おいしいもの作ってくれる方がなんか惚れちゃう。
今回のじぶんちレストランは、

①夜遅くだから、とにかくかんたん
②夜食だけに胃にやさしい
③レストラン顔負け、彼氏も驚く!


本場イタリアからレシピを届け、
フードコーディネーターのhitomiから
テーブルコーディネート術も教えます。



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


■おしながき■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
①アマトリチャーナ
②トマトとモッツアレラのカプレーゼ
③ルッコラとプロシュート


recipe.jpg

  [帰る時間に合わせて作るコツ]
事前に準備をしておいて、帰宅10分前に仕上げを始めること!
先に作っておけるものを準備しよう。



■■トマトモッツアレラカプレーゼ■■
caplese alla pomodoro e mozzarella  (目標:分)

イタリアではどこのレストランでも前菜にある定番メニュー。
おいしい材料を揃えれば、後は切るだけ。
特にオリーブオイルはフルーティーな方が断然うまい。
“カプレーゼ”とは、青の洞窟で有名な“カプリ(島)の”という意味だ。
il Cibo
  トマト      ・・・1個
  モッツアレラ  ・・・100g
  。コショウ。EXVオリーブオイル 適量

作り方
la ricetta
①食べたいだけトマトを輪切りにする。
②モッツアレラも輪切りにする。
③交互に重ねていったん置いておく。
 食べる直前に塩、コショウ、オリーブオイルをかけて完成!

■■ルッコラとプロシュート■■■
rucola e prosciuto crudo  (約:分)

これもイタリアのbarなんかでよく見かけるメニュー。
おいしいプロシュートが手に入ったなら、一番シンプルに食べてみるべし。
最近は日本でも、パルマやサンダニエーレ産の上質なものも、入手しやすいようだ。
il Cibo
  ルッコラ  ひとつかみ
  プチトマト 2個
  プロシュート 食べたいだけ


la ricetta
①ルッコラとプチトマトの輪切りを盛りつける
②プロシュートを盛りつけて完成。


では夜の主役、
■■スパゲッティ アマトリチャーナ■■
spaghetti alla amatoriciana  (目標:20分)

ローマ近くのアマトリーチェ村が、名前の由来らしい(行ったことないけど)
トマト、プロシュート(生ハム)、タマネギのシンプルな素材に
ブカティーニという中が空洞のパスタとペコリーノ ロマーノというチーズを
合わせているお店が多かった。店によってかなり違うんだけど、一番
日本人にあいそうな味を紹介します。酸っぱすぎず、ちょっと甘口。
 ※本場では、グアンチャーレ(ほほ肉)を使うけど、日本ではなかなか
  手に入らないので、プロシュートもしくはベーコンで代用。


il Cibo
  プロシュート    ・・・100g
     ※ベーコン角切りで代用可
  トマト缶(400g) ・・・1缶
  タマネギ       ・・・半個
  exvオリーブオイル  適量

作り方2
la ricetta
①ふたつに切って
②千切りにする。遅くたって問題ない。

③鍋にオリーブオイルを大さじ一杯入れて熱し、
 千切りにしたタマネギを、5分くらい中火で温め
 タマネギ本来の甘さを出す。ここがポイント

④タマネギが茶色くなる寸前に、ガンチャーレを入れ
 かりっと焼き色をつける。こおばしさがプラスされるポイント

⑤トマト缶をそのまま入れて、つぶしながら混ぜる
⑥水分が1/3くらいなくなったら、塩で薄めに味付けする。
 パスタに塩味があるので、ここで味を決めないようにしておく


ここから食べるは直前に!!
789.jpg

⑦スパゲッティを塩水でゆであげたら、
 ソースのフライパンに入れて、よく混ぜる。   →基本の「パスタのゆで方」
 →パスタのゆで方の基本はコチラ

⑧すばやく!!あおる、あおる、あおる。。
へたくそでも、まざればいいんです。

⑨お好みでパルミジャーノレッジャーのチーズを混ぜるかふりかけてもok!




 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥

2009_0702HP用#1・デジ0078

今回のテーマは『癒しの食卓』
仕事で疲れた彼をホッとさせる料理を作ったなら、癒しの空間も演出しちゃおう!!
今回は夜遅ごはんなので、やりすぎず簡単オシャレをこころがけましょう。
美味しいごはんと、より美味しく魅せるワザを覚えたなら・・・
あなたは、もう、最強ステキ女子かも
2009_0702HP用#1・デジ0062
 今回はこの3つ!
茶系の同系色で癒しを演出。
ランチョンマット・キャンドルなどベースとなる色を薄い茶系に統一しこだわり感を演出!!
《茶色は落ち着き・やすらぎ・くつろぎなど、居心地のよさを感じさせる色です。》
《明るくて薄い茶はナチュラルで穏やかな印象、濃い茶はクラシックで高級な印象になります。》

さし色も類似色!
紙ナプキンでさりげなく差し色を入れるとテーブルに表情がうまれます
《ベースの色と類似色にすれば、統一感を壊さずに調和がとれます

メインは丸みのある食器
丸みのある食器で、とことん癒し和みを視覚に訴えかけましょう。
《角のある食器はシャープな印象になりがち。使うならサブ的(写真:前菜とか)に使いましょう》


+α 背伸びテク "紙ナプキンの重ねワザ"

緑の紙ナプキン一枚でもいいけれど、
もう一枚(色はベースカラーと合わせる)重ねるだけでグンと女性らしくオシャレな印象にまります。
緑はあくまでさり気なく見える程度が目にも優しいです。
もちろん仕事帰りの彼のスーツが汚れないようにという心遣いが第一です

      2009_0702HP用#1・デジ00662009_0702HP用#1・デジ00962009_0702HP用#1・デジ0108




♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


ャンドルは光源というよりは、明かりによって人々の心を和ませるために使います。
「炎」その揺らめき・色・やすらぎは、お迎えする方への「おもてなし」となります。
そして、揺らめく光と影を作る事で、食器やグラスなどをより美しく見せる効果もあります
つまり"キャンドルをともす”ということで
食卓が華やかになり、また、心に響くコーディネートにする事ができます

キャンドルと一言でいっても様々な種類があることは、もう皆さんもご存知でしょう。
最近はインテリアショップなどで色々な形や色のキャンドルを見かけますね。
それだけ私たちの暮らしに違和感なく溶け込んできているのです。
まずは手軽に取り入れられる小物を使って、ワンランク上の食卓を演出してみましょう
色や形の使い分けで様々なシーンの演出を楽しんでください!何だかリッチな気分になれますよ
食卓で使わない時でもインテリアの一部としても使えるのでお得ですね(笑)


さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : 主婦 コック イタリア アマトリチャーナ トマト チーズ じぶんちレストラン レストラン 自宅

基本の『パスタのゆで方』

■■ 基本の「パスタのゆで方」■■

kihon-pasta123456.jpg

パスタをアルデンテにゆでる事ができれば、パスタでの失敗がグッと少なくなる。
今回は、スパゲッティを例に、ロングパスタのゆで方を紹介します。
ちなみにアルデンテとは、ちょっと芯が残るぐらいでコシのある最高のゆであがりの事

① たっぷりのお湯を沸かし、塩を入れる。
(パスタ100g = お湯1ℓ = 塩10g) お吸い物くらいの塩気でいい。
この塩分で下味をつけコシを出す。ソースより麺で塩を調節すると上品な味になる。

② パスタがくっつかないように、放射状に広げていれ、手早く湯に沈める。
 タイマーは、袋の表示時間より1~2分早くセット。

③ 再び沸騰するまでは、くっつきやすいので混ぜながら様子を見てあげる。
 くっつくと茹でムラになるし、混ぜすぎてもダメ。
 フツフツ静かに沸いてるくらいがちょうどいい。

④ タイマーがなったら、1本とってチェックする。
 指でつぶして針くらいのがあればもうOK!
 最初のうちは何度か食べて堅さを覚えていこう。

⑤ ざるにあげて湯をきる。
 ゆで汁は、ソースの水分調節に使うかもしれないので一応とっておく。
    →基本の「水分調整」


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート パスタの茹で方

基本の『水分調整』

■■基本の『水分調整』■■

アラビアータ上 アーリオ上 プッタ上
えび上 15 ボンゴレ上

ソースが完成して、パスタがゆで上がるのを待ってる時、
保温のための火で水分がなくなる事って多い。
そうじゃなくても素材の状態次第で水分不足はよくおこる。
パサパサしたり、麺どうしがすぐくっついちゃうパスタって、
ソースの水分不足が原因!
乳化だって水分がなければできない。

そういうときは、パスタのゆで汁をいれて水分調整をしよう。
塩分を足したくないときは、でもかまわない。
この調節は、文字ではなかなか伝えられない。

ちょっと水分おおいかな?
くらいで仕上げてみて、次に作ったときに徐々に調整していく。
パスタは、何度もつくると上手になると言われるのは、
このテクニックがあるから。
そしてこれをマスターしたら、プロ顔負けの腕前になる。


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート パスタの水分調整

基本の「イワシの手開き」

■■ 基本の「イワシの手開き」■■

イワシの身は柔らかいので、ほとんど手だけでさばける。
簡単で他の料理にも使えるので、覚えるといいことあります。

いわし

①まず、イワシの腹びれを引っ張って取ります。

②③そして胸びれをつまみむと腹が割れるので、
 背中を軸にして頭をひきちぎります。くいっと。

④腹に指を入れて腹を割り、細い流水で流しながら、内蔵を取り除きます。
 また骨のちかくの血合いを爪でこすって洗い流します。

⑤体の真ん中あたりの骨と身の間に親指を入れて、
 しっぽの方へ引っ張り骨と身をはずします。

⑥頭の方にも引っ張って片側が骨から身が全部外れるので、
 逆側も同様にして骨と身を完全に外します。

⑦骨をシッポぎりぎりの所で切り落とします。

⑧⑨あばらには小骨がたくさんあるので、
 写真みたいに左右そぐように切ります。
 ペーパータオルで水気を取って準備完了!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート イワシの手開き 下ごしらえ

基本の『オリーブオイルの使い分け』

■■ 基本の『オリーブオイルの使い分け ■

普段よくオリーブオイルと言っているけど、実は2種類あるんです。

EXVオリーブオイル  ・・・ 一番搾り。
               香りと味を足すため調味料のように仕上げに使う
                加熱すると香りがとぶため、加熱用には使わない

(ピュア)オリーブオイル・・・ 搾りかすを再利用
                 サラダ油と同じ使い方をする。加熱用。
                 ということは、サラダ油で代用してもいい。

EXVオリーブオイルは、ものによっては結構値が張る
それぞれの用途に応じて使い分けるのが、賢く料理するコツ。


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート

基本の『乳化』

■■基本の『乳化』■■

オイル水分をしっかり混ぜて、
白っぽくとろっとさせる事を乳化といいます。

nyuuka.jpg

豚骨ラーメンの表面みたいに、決して混ざる事のない水と油。
けれど、しっかりかき混ぜればそれぞれの粒子が細かくなって、
一時的に混ざったようになり、口当たりのよいソフトなうまさにつながります!
しかも、パスタのゆで汁を混ぜると、その成分で乳化が解けない!!

nyuuka2.jpg
①オイルと水分が分離    ②乳化して白くとろっとした

逆にしっかり乳化してないと、油ギトギトのペペロンチーノとか
できたてなのに、レンジでチンしたみたいな味がしたりと、ちょっといまいち。

このコツだけで、グッと腕が上がる!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート パスタのゆで汁 イタリアン基礎テクニック

基本の『ニンニクの火入れ』

■■ 基本の『ニンニクの火入れ』■■

ninniku2.jpg

ninniku.jpg

つぶしニンニクでもみじん切りニンニクでも、オイルに香りを移すときには、
ごくごく弱火でじっくり火をいれなければならない。

最初は強火でもいいが、ポコポコと泡が立ってきたら、絶対にすぐ弱火!
時間があれば、オイルとニンニクを入れてから弱火をつけて、ほうっておけばいい。
フライパンを傾けてオイルをためて、煮るように加熱していくと焦がしにくい。
シュワ~という音にかわり、全体に焼き色がついて香りが立ってきたら完成!

赤とうがらしも同じように、弱火でオイルに20秒くらいくぐらしておけばOK!


 レシピブログでは、プロ仕様のパスタレシピを掲載!

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート にんにくの火入れ

基本の『トマトソース』

■■ 基本のトマトソース ■■

kihon-tomato12345.jpg

il Cibo (500ml分のソースになる。3~4人分)
  トマトの水煮缶(1缶:400g)・・・2缶
  タマネギ(みじん切り)   ・・・1コ
  ニンニク(みじん切り)   ・・・1かけ
  EXVオリーブオイル   ・・・100cc
  塩      ・・・小さじ1

イタリア産トマトを使った缶が最適。日本のトマトはあまり向いてない。
パスタソースは150gくらいでいいので、これで3~4人前の分量です。

la ricetta
タマネギをみじん切りにする。
①根元をつなげて縦に包丁を入れ、②のように横からも包丁を入れてから
 千切りにすると、早くみじん切りになる。

③鍋にEXVオリーブオイルを入れ、タマネギとニンニクを加えて火にかけ
 弱火でじっくり炒める。

② トマトの水煮を加え、木べら等でつぶしながら、やや強火で煮込む。
 手でつぶしてから入れてもいい。

③ 煮立ったら、静かに煮立つ程度の火加減で、
 全体の量が半分くらいになるまで煮込む。塩で軽く味を整える。
(ここではちょうど良い味にはしない。パスタの塩分がはいるため。
                 心配なら塩は入れないでもOK)


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

tag : イタリア 自宅 レシピ 料理 コック じぶんちレストラン イタリア料理 コーディネート イタリアン レストラン

#14 本日のメニュー

■おしながき
サーモンのトマトクリームスパゲティ
インゲン豆と生ハムのソテー
ジャガイモのローズマリーロースト


■■サーモンと生トマトの      ■■
■■      クリームスパゲティ ■■


spaghetti alla salsa di crema con salmon    (目標:20分)

クリームとサーモンの相性は驚くほどいい。
生トマトとイタリアンパセリを抜けば、ごくごくスタンダードなパスタが出来上がる。
これはこれでうまいんだけど、トマトとパセリをいれる事で酸味が生まれ
濃厚なクリームにちょっとした爽やかさが出る。
この濃厚さの中の酸味が、うまさのバランスを調えてくれる。
ちょっとすっぱすぎるかな?と思うときは、粉チーズをいれると押さえられる。

il Cibo (2人分)
  スパゲティ(1.6mm) ・・・160g
  マッシュルーム    ・・・8コ
  塩鮭         ・・・1切れ
   (スモークサーモンでも可。いい風味が加わる。)
   生クリーム   ・・・160g
  トマト    ・・・1コ
  イタリアンパセリ・・・大さじ1
  バター    ・・・20g
  コショウ ・・・適量

samon12345.jpg

la ricetta
① ②トマトの皮を湯むきし、種を取って2cmのさいころに切る。
※パスタを茹でるお湯でやると省エネ。さいころ状に切るのをコンカッセと言う。

③マッシュルームは石づきをのぞいて、1コを6等分し、
 塩鮭も同じくらいに切り分ける。
 フライパンにバターを入れて中火にし、マッシュルームを炒める。
 きのこの香りが立ってきたら、塩鮭を加えてさっと炒める。

④生クリームを加えてひと煮立ちしたら、トマトを加える。
 ※ここでソースは完成。トマトに火を入れすぎないために、
  パスタがまだなら弱火で保温。

⑤ ゆで上がったパスタの湯を切って加え、
 イタリアンパセリ、塩、コショウで味を整えて完成!
                     →基本の「パスタのゆで方」


■■インゲンマメと生ハムのソテー■■

fagiolini salutati con prosciutto (10分)

インゲン豆と生ハムに限らず、いろんな食材をソテーして食べる事ができる。
その食材そのものの味を楽しむときにはソテーがいい。
季節ごとに旬の食材を探して、なんでもソテーしよう。
冷蔵庫の余り物なんかでも作れるから、重宝するレシピだ。

il Cibo (2人分)
  インゲンマメ ・・・200g
  プロシュート ・・・2.3枚
  バター    ・・・20g
  オリーブオイル・・・適量
  コショウ ・・・適量

インゲン豆の代わりにアスパラでもいいし、
プロシュートの代わりにベーコンやソーセージでもいい。

ingen1234.jpg
la ricetta
①サヤインゲンは、スジを取って、すこし柔らかめに塩ゆでする。

③ 生ハムは、適当に食べやすいサイズに切る。

④ オリーブオイルとバターを熱し、生ハムを加える。

⑤ハムの香りが立ったら、サヤインゲンを入れ手早く炒める。
 塩コショウで味を調えて完成!


■■ジャガイモのロースト■■■■

patate arrosto  (多分20分)

これは本当にうまい。地味だけども、隠れた逸品だ。
一度作れば、絶対にもう一度作りたくなる、そんな味です。
にんにくとローズマリーの香りが食欲をそそる!
香も味ももう説明が必要ないくらいうまいんです。

il Cibo (2人分)
  ジャガイモ  ・・・4コ
  ローズマリー ・・・1枝 20cmくらい
  ニンニク   ・・・1かけ大
  塩      ・・・小さじ2
  オリーブオイル・・・大さじ2
  コショウ   ・・・適量

poteto123456.jpg
la ricetta
①ジャガイモを大きめのさいころ状に切る。約3cm角

②ボウルに入れて、塩おおさじ1、黒こしょうを加え、よく混ぜる。
(ボウルごとふるという荒技でOK)

③ ローズマリー1枝分を葉っぱだけバラバラにして加え、
 木べらでつぶしたニンニク1カケ、オリーブオイル大さじ2を加え、
 全体になじむようによく混ぜる。

④ フライパンに移して、全体を温めたら、180℃のオーブンへいれる。

⑤ 途中で2、3回上下をひっくり返して、約20分くらい焼く。
 ほんのりきつね色になり、くしがすっと通れば完成!

※オーブンがないときは、フライパンで焼き続けることもできる。
  その場合、焦がさないように注意してよく混ぜ続けなければいけない。


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#14 hitomiのテーブルコーディネート

2009_0805HP-14you0119.jpg

今回のテーマは『フレッシュ・モダン』
日頃の感謝を込めて、料理を作ったなら、
テーブルコーディネートも気合をいれましょう
料理の腕に自信が無くても大丈夫!!
テーブルコーデは料理をより美味しく見せてくれる最強の見方なのです
せっかくなので、“いつもありがとう。これからも宜しく”って言ってみよう
照れくさいけど、感謝を言葉にするってとても素敵なこと。
言うほうも言われるほうも幸せな気持ちになるものです
そして、出合った頃の二人の様にフレッシュな気分に戻れるかも・・・


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥2009_0805HP-14you0067.jpg

 今回はこの3つ!
白の食器で統一&メリハリ!
今日のメニューは彩りがキレイなので、食器は白で統一!
《赤・黄・緑の三色があると美味しそうに見えるってのは有名な話。これを生かしましょう》
《食器に高低差のあるものを使えば、ちょっと特別な雰囲気になりますね》

色の繋がりを意識!
テーブルランナーと植物のグリーン・ワインボトルと紙ナプキンの・キャンドルとお皿の!!
《全てのアイテムに色の繋がりを持たせることで、バランスよくまとまります》
《この場合、白と黄緑の面積が多いので、フレッシュで爽やかな印象になります》
小物はシンメトリーに置く!
ワインボトルを中心に、植物、キャンドルを左右対称において、モダンな印象に!
《左右対称に置く事で幾何学的、機械的な印象、クールでかっこいい雰囲気に

 2009_0805HP-14you0070.jpg2009_0805HP-14you0085.jpg2009_0805HP-14you0108.jpg

♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#13 本日のメニュー

■おしながき
ナポリタン
トリュフオイルの目玉焼き
インサラータ ヴェルデ
(30分)

■■スパグッティ ナポリタン■■■■
Napolitan  (目標:20分)

本場イタリアには、“ナポリタン”ってパスタはないんだ。
そもそもケチャップを料理に使う事はほとんどなく、
スーパーのはしっこにちょこっと置いてあるくらいの存在感だ。かわいそうに。
このパスタは、日本生まれの日本育ち。昔は喫茶店の定番メニューだった。
ケチャップと混ぜるだけの簡単メニューだから、家庭でも人気のメニュー。
昔食べたかどうかは別にしても、どこか懐かしいこのパスタ。
この懐かしさと昭和の臭いはどこからくるんでしょう?

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(1.4mm) ・・・160g
  タマネギ(小)     ・・・1コ(100g)
  プロシュートブロック  ・・・120g
  (ベーコンで代用可)
  マッシュルーム  ・・・5コ
  ピーマン     ・・・2コ
  パルメザンチーズ ・・・30g
  バター      ・・・10g
  トマトケチャップ ・・・大さじ2
  オリーブオイル  ・・・大さじ2
   ・・・適量
  ※1.4mmのスパゲッティはフェデリーニと呼ばれる

napo12345.jpg

la ricetta
①下ごしらえをいっぺんにやろう
タマネギ    →縦に薄切りにする
プロシュート  →8mm角の棒状に切る
マッシュルーム →石づきを取り除き、薄切りにする
ピーマン    →ヘタと種を取り除いて、縦にほそ切りにする。

②フライパンにオリーブオイル大さじ2を熱し、
 タマネギを中火でさっと炒める。

③タマネギがしんなりしてきたら、プロシュートを加えて炒める。
 次にマッシュルームを加えて、ピーマンは最後にさっと炒める。
(ポイント:弱火でゆっくり炒めるのではなく、中火でさっと炒めていく。
       ケチャップが強いので、具の味をソースに移す必要なく、
                    むしろ具の食感を楽しみたい。)

④ トマトケチャップ大さじ2を加えてよく混ぜる。
 そこへゆで汁大さじ2を加えて、水分調整をする。  →基本の「水分調整」
 味を見て、塩かゆで汁で味を調えて火を止めておく。
  (パスタがまだなら、弱火で保温。必要に応じて水分調整)

ここからは余熱だけ!
⑤ 火の止めてあるフライパンに、ゆで上がったパスタの湯を切って加える。
                      →基本の「パスタのゆで方」
 あおってあおってよく混ぜる。ここでパルメザンチーズも加える。

⑥ さらにフライパンをあおり、よく混ぜたら、バターを加えてよく混ぜる。
 ここもずっと余熱でOK!

ポイント:余熱だけで仕上げることで、つるっとしっとりした口当たりに仕上がる。
      乾いたパスタや焼きパスタにならないためのちょっとしたコツ。


■■トリュフオイルの目玉焼き■
uova in tegamino con mozzarella  (目標:20分)

この目玉焼きは、本当にうまい!
トリュフオイルが無くても作れるけど、ぜひ探してほしい。
食卓じゅうに広がる香がたまらない。作ってるそばからみんなそわそわしだして
「何作ってるの?」って聞いてくるくらい、最高の香が広がる。
イタリア人の食材の楽しみ方のうまさがわかる、そんな一品。

il Cibo (1人分)
  卵      ・・・2コ
  モッツァレラ ・・・50g
  基本のトマトソース ・・・大さじ2
    (トマトスライス、トマト缶で代用可)
  アスパラガス ・・・2本
   (サヤインゲンやブロッコリーでもok)
  パルメザンチーズ ・・・大さじ1
  トリュフオイル   ・・・適量
         ・・・適量
            耐熱皿とオーブンの要るメニュー。
         (オーブントースター、オーヴンレンジでもOK)


medama1234.jpg

la ricetta
直径13cmほどの耐熱浅鍋(tegaminoという)を用意する。
① アスパラガスを1~2分さっと茹でておく。

② 鍋底にEXVオリーブオイルをうすく塗り、
 基本のトマトソース大さじ1を流し、モッツァレラを手で
 細かくちぎって加え、茹でたアスパラガスも加える。

③ 卵を加えて、軽く塩をして、パルメザンチーズを上から散らす。

④ 180℃のオーブンで15分程度焼き、
 表面がこんがりしたらオーブンから取り出し、
 トリュフオイルを上から全体にまわしかけて完成!


■■インサラータ ノルマーレ■■■■
                   ※いつものサラダ
    insalata normale  (分)

イタリアでサラダと言えば、凝ったドレッシングなんて使わない。
だいたいが、オリーブオイルとレモン汁と塩こしょう程度のシンプルな味付け。
最初は、ドレッシングないの?と思ったけど、ほんとにうまい野菜を食べたときに、
これなら凝ったドレッシングなんていらない!って思った。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ

il Cibo
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
sarada-n123456.jpg

①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
 写真はわかりやすくグラスで作っている。②はレモンとオイルが分離しているが、
 よく混ぜる事で、③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本の「乳化」

④特にどんな野菜を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。

⑤ボウルにあわせて、Aとよく混ぜれる!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
     塩が強いと、野菜の水分を奪って、漬け物みたいになってしまうので注意!


⑥まずは、葉っぱを一握り高く盛りつけ
 最後に先頭の写真のようトマトを乗せたら出来上がり♪



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#13 hitomiのテーブルコーディネート

2009_0729#130051

今回のテーマは『ナチュラルキュート』
男心を掴むには、胃袋を掴めと、よく言いますよね。
マンマ(母親)の味で彼の胃袋を掴んだら、
テーブルコーデはハニー(彼女)らしく、かわいらしさを心掛けましょう
そう!!本当のマンマになってはダメなのです・・・笑
マンマの様な彼をほっとさせる料理の腕と、彼をドキッとさせる可愛らしさを持ち合わせたなら・・・
もう、彼はアナタの虜かも


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥2009_0729#130030

 今回はこの3つ!
ベースはパステル調でかわいく!
パステル調の淡い色と白の組合せで、かわいらしさ、柔らかさを演出
《ピンク系なら、少女らしさ、ブルー系なら、爽やかさも演出できます》

食器は温もり感のあるもの
料理が懐かしく、落ち着くメニューなら、食器も丸みや素材感のあるものを選びましょう!
《家庭料理代表のナポリタンにはマンマの優しさを彷彿させるような丸くてぽってりしたお皿》
《木の食器でナチュラルで優しい雰囲気に

グリーンで若々しさ、爽やかさをプラス
食卓にお花やグリーンを飾るだけで、印象はガラっと変わります!
《高さやボリューム感があるので、食卓に動きが出ます》
《今回は小さい葉っぱのグリーンで可愛らしさと爽やかさを演出》

+α 背伸びテク "トマト缶のリサイクル"
基本のトマトソースを作るたびに大量のトマト缶が空きます・・・
そこで、今回はそれをリサイクルして、紙ナプキンやカトラリーを入れてみました。
海外のパッケージって大体、何だかオシャレに見える物
トマトは殆どのレシピに使われているから、色やイメージも問題なく合います
小さめの観葉植物を入れてもかわいいかもね
カジュアルなアクセントとして、使えそうです

     2009_0729#1300332009_0729#1300422009_0729#130056




♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#12 本日のメニュー

order12.jpg

■■ ピスタチオ ■■■■■■■ 
pistacchio      (んー分?)

il Cibo
  ピスタチオ ・・・1袋くらい

la ricetta
 ①適当な量をさらにあけて終わり。



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#11 本日のメニュー

■ おしながき
ペペロンチーノ
 hitomiのオススメワイン


order11.jpg

■■アーリオ オーリオ エ ペペロンチーノ■■■■■■
alio di olio e peperoncino (目標:19分)

直訳すると、“にんにく、オリーブオイル、それから唐辛子”
さらに材料もこの3つだからとくに何のひねりもなく、
地味なのでお店でもあまり注文される事もない。
けれども料理のおもしろさを知るには最高のメニュー。
冷蔵庫の中の余った野菜や、季節のものをつかって自由に楽しめる。
 例えば、 “生シラスとタケノコのアーリオオーリオ” とか
“トレヴィスとプロシュートのペペロンチーノ” というとグッとくるでしょ?
このレシピを知っておけば、数十種類のレシピに応用できる!

il Cibo(1人分)
  スパゲティ(太さ1.6mm)・・・80g
  にんにく(みじん切り)・・・大さじ1弱
  赤とうがらし      ・・・1/2本
  イタリアンパセリ(みじん切り)・・・大さじ2
  オリーブオイルEXVオリーブオイル黒こしょう  適量

alio123.jpg

①ニンニクは細かくみじん切りにし、赤とうがらしは洗いながら種を取って粗くちぎる

②フライパンにオリーブオイル大さじ1、ニンニク、赤とうがらしをいれて火にかける
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
  この作業がとても大切!        →基本テク「ニンニクの火入れ」

ニンニクがきつね色になってきたら、手早く半量を網じゃくしで取り出し、
紙タオルに取って油を切る。

③イタリアンパセリ大さじ1を加え、火を止める。
 また、ゆで汁大さじ1を加え、これ以上にんにくに火が通らないようにする。
  →基本の「水分調整」

alio45.jpg


④パスタがゆで上がる直前に、中火にかけながら汁がとろっとするまで
 かき混ぜながら煮詰めていく。  →基本の「乳化」

⑤ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。  →基本テク「パスタのゆで方」
 よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、器に盛りつけて
 取り出しておいたニンニクとイタリアンパセリをふって完成!

パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。
ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない。



■■hitomiのオススメワイン■■■■■■


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#11 hitomiのテーブルコーディネート

2009_0713HP0076.jpg



今回のテーマは『ごちそう時間』
"ごちそう”って人によって違いますよね。イタリアン? フレンチ? 和食? ジャンクフード?・・・
だけど、ごちそうを食べる時って皆、きっと贅沢な気分になりますよね
趣味も人それぞれちがうもの。
だけど趣味の時間って
日頃の疲れを癒す為だったり、リフレッシュする為だったり、とモノは違えど、
とにかく自分の為の贅沢な時間ってのは同じ。
だから料理が趣味になったなら、テーブルコーディネートまで幅を広げて、
あなたなりの"ごちそう時間”で、至福のひとときを過ごしてください

また明日から頑張るぞって気分になれるはず

♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥2009_0713HP0004.jpg
 今回はこの3つ!
ベースは同系色でこだわり感
ベースを同系色であわせ、まとまり感こだわり感を演出
《色のまとまりは心地よさや、こだわり感を表現できます。》
《主役(料理)が引き立ちます(写真:パセリの緑と唐辛子の赤がアクセントになっていますね)》

茶系で上質感UP!
他の色でもまとまり感やこだわり感は演出できます。
今回は、ごちそう時間=上質・癒し・リフレッシュなので茶色をチョイス!!
《そのシーンによって色を使い分けましょう!どういう時間をすごしたいか?!そこが大切》

まとまりの中にも少しの変化
キャンドルに高低差をつけて、まとまりの中の少しの変化を作りましょう
《無難でつまらないコーデにならないように、でもまとまり重視なら小物でアクセントを!!》


     
      2009_0713HP0004.jpg2009_0713HP0094.jpg2009_0713HP0009.jpg



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。



     只今執筆中です



さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。
NEW!!!
2012/12/10更新 全国初! 手作りパスタソーステイクアウト専門店はじめました!! ネットおよび直売所でご購入いただけます! トップ背景ボロネーゼVER-mini
 7人の紹介
jibunchi  ↑7人の紹介はこちら

undergreen ↑まじろーとユーの会社
“Under Green” がプロデュースしています。
 ぼくらの料理フォト
 レシピはコチラ

 最近のディナー
 お客さんからの手紙
 それぞれの家のディナー
 NEW
2012/12/10更新 全国初! 手作りパスタソーステイクアウト専門店はじめました!! ネットおよび直売所でご購入いただけます! トップ背景ボロネーゼVER-mini
 探しもの
 他の島へ行く
 じぶんち島の歴史
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。