スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#07 本日のメニュー

■おしながき
渋栗のセミフレッド
苺のセミフレッド

(20分 + 冷凍庫で凍らせる)

order7.jpg

■■渋栗、苺のセミフレッド■■■■
semifreddo di castagna e fragola (目標:20分)

セミフレッドはイタリア語で、「半分凍った」っていう意味。
生クリームを使ったアイスクリームで、ふわっとしたかるい口溶けが楽しい。
いろんなフルーツで作る事ができるし、アスパラ等の野菜でもピューレにすれば
野菜嫌いでも食べられるドルチェになる。

il Cibo(各4人分)
 ――苺のセミフレッド
  (冷凍でも可) ・・・8個
  生クリーム   ・・・200cc
  グラニュー糖  ・・・80g
  ラム酒     ・・・小さじ2
  卵黄      ・・・3個
  ピスタチオ(みじん切り)・・・ひとつまみ
  ディル     ・・・1枝

 ――渋栗のセミフレッド
  マロングラッセ   ・・・6個
   (なければマロンペースト・・・45g)
  生クリーム   ・・・200cc
  グラニュー糖   ・・・60g (※マロンペーストが甘いので少し減らす)
  ラム酒     ・・・小さじ2
  卵黄      ・・・3個
  ピスタチオ(みじん切り)・・・ひとつまみ
  ディル     ・・・1枝
la ricetta
semi12345.jpg

あらかじめ、苺は冷凍庫で冷やしておく。

(共通)
①生クリーム400ccを8分立てに泡立てて置いておく。
泡立て器ですくうと先端の立った角が曲がる状態です。

(苺のセミフレッド)
②卵黄3個とグラニュー糖80gを湯煎しながら。
 白っぽくとろっとするまでよく混ぜる。
   (湯煎 :卵黄と砂糖が入っているボウルを、
        水のはいったフライパンに浮かべて、火にかける。約70度)

③8分立て生クリーム200cc分と合わせて、
 泡をつぶさないようにへらで切るように混ぜる。

④さいの目に切った冷凍苺と、ラム酒を加えて混ぜれば完成。
 あとは冷凍庫で半日凍らせる。

(渋栗のセミフレッド)
②卵黄3個とグラニュー糖60gを湯煎しながら
 白っぽくとろっとするまでよく混ぜる。
   (湯煎 :卵黄と砂糖が入っているボウルを、
        水のはいったフライパンに浮かべて、火にかける。約70度)

③8分立て生クリーム200cc分と合わせて、
 泡をつぶさないようにへらで切るように混ぜる。

マロングラッセ、ラム酒を加えて混ぜれば完成。
あとは冷凍庫で半日凍らせる。

(盛りつけ)
⑤スプーンで削るように取り、器に盛りつけていく。
削りにくい場合は、スプーンを水で濡らす。
ディルを飾り、ピスタチオのみじん切りを上から散らして完成!

同じ配合なら、苺や栗の他にマスカルポーネ100g、ブラッククッキー100g
などいろんなアレンジができる。


ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。
スポンサーサイト

#06 魚丸ごと一匹であっと言わせるパーティー

■ おしながき
マグロとアボガドのサラダ
スパゲッティ アラビアータ
白身魚のアクアパッツァ

(2時間くらいの前準備と作りながら、食べていく)
前菜→パスタ→メイン というのがイタリアンの流れだけど、食べたい順番でok!
分量はすべて2人前!人数に応じて分量をかえてください

order6.jpg


■■マグロとアボガドのサラダ■■■■■■
tonno e avogado  (目標:10分)

イタリアでは生魚って、カルパッチョくらいしかたべない。
マグロについては、トロはいまいち人気がなくて、赤身のツナが主流。
でも、日本でのお刺身のようにうまい食べ方ってのもあるはず。
というわけで今回は創作イタリアンです。

il Cibo(2人前)
  マグロの赤身  ・・・150g
   (中トロくらいまで)
  アボガド    ・・・1コ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   (スパイシーなものがよい)
   A: レモン汁   ・・・小さじ1
   A: 醤油    ・・・大さじ1
   A:       ・・・適量
  ディル(飾り用) ・・・2枝
  ピスタチオ(みじん切り)(飾り用)・・・小さじ1

la ricetta
①マグロは一口くらいのぶつ切りにする。

②アボガドは、包丁で種のまわりを一周するように切って2つに分け、種を取り除く。
それを一口大に切り分ける。

―――――――――――ここから直前――――――――――――――――――
③Aをすべてあわせて、白くとろっとするまでよくよく混ぜ、

④マグロとアボガドとあわせていく。
 器に盛りつけたら、ピスタチオをかるくふりかけ、ディルを添えて完成!


■■スパゲッティ アラビアータ■■■
spaghetti alla arrabiatta  (目標:20分)

イタリア語で「怒った」って意味のパスタ。
とうがらしのぴりっとした辛さを楽しむ。きほんのトマトソースさえ作ってあれば
本当に簡単に作れてしまう。シンプルなパスタなので他の料理を邪魔しない。
メインの魚や肉料理の個性が強いときには、重宝するメニュー。しかも簡単!

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(太さ1.6mm)・・・160g
  ニンニク     ・・・1かけ
  赤とうがらし   ・・・1本
  イタリアンパセリ(みじん切り)   ・・・大さじ2
  基本のトマトソース ・・・160ml
  オリーブオイルコショウEXVオリーブオイル 適量

最初にスパゲッティをゆで始める。  →基本の「パスタのゆで方」

alabi123.jpg

①ニンニクは木べらをのせて上から押しつぶし、
 赤とうがらしは洗いながら種を取って粗くちぎる。

②フライパンンにオリーブオイル大さじ1とニンニク、赤とうがらしをいれて火にかける。
 泡がポコポコ出てきたら、弱火にして香りと辛みを油にうつす。
  この作業がとても大切! →基本テク「ニンニクの火入れ」

③ニンニクが色づいてきたら、イタリアンパセリと
 基本のトマトソースを加えて煮立たせて火を止める。

④ゆで上がったスパゲティの湯を切って加える。
 よくあえて、塩・黒こしょう少々で味を調え、
 仕上げにEXVオリーブオイル大さじ1を加えて
 器に盛りつけて完成!  →基本テク「オリーブオイルの使い分け」

alabi4.jpg

パスタをゆでるタイミングは、ソースの完成が見えた時。
ソースは完成してからでも待てるけど、パスタは待ってくれない。


■■ 白身魚のアクアパッツァ■■■
 acqua pazza      (目標20分)

イタリア語で「狂った水」という名前の料理で、
アクアディマーレ(acqua di mare)とも言う。
白身魚ならたいていの魚で作れる、見た目のわりにはすごく簡単な料理。
(マダイ、ホウボウ、コチ、アイナメ、カレイ、イシダイ、イサキ、カサゴなど)
刺身なんかに比べてウロコとエラと内蔵をとるだけなので、初めてでも大丈夫。
しかも魚屋さんで取ってもらえば、速攻で完成してしまう。
この料理が家で出てきたら、歓声があがること間違いない!!

il Cibo
(30cmくらいの魚で4人分くらい)
  白身魚   ・・・1匹
  ニンニク   ・・・2かけ
  ローズマリー   ・・・4~5本
  タイム   ・・・3本
  あさり   ・・・20個
  ミニトマト ・・・5個
  ケイパー  ・・・大さじ1
  オリーブ実 ・・・5個
  オリーブオイル   ・・・大さじ2
  EXVオリーブオイル・・・大さじ1
  コショウ  ・・・適量
  白ワイン    ・・・50cc
       ・・・適量

la ricetta
《簡単!基本のさばき方》
aqua123456.jpg
①②まず、胸ビレと腹ビレをハサミで切りとる。

③④片側のエラブタを開き、エラの付け根を包丁で切り、
 割り箸等でねじるようにしてちぎり取る。

⑤肛門からアゴの辺りまで包丁を入れ、内蔵を取り出す。
骨の近くに血合い(血のかたまり)があるので、水を流しながら割り箸でこすり落とす

⑥水を当てながら、包丁かウロコ取りでウロコを落とす。
 しっぽ側から魚に対して包丁を垂直に立てこすっていくと簡単にとれる。
 顔面にもウロコあり!きれいに洗い流したら、キッチンペーパーで水気を拭き取る。

aqua-2-789101112.jpg

⑦目からしっぽにかけて骨に届くくらいの、深い切り込みを両面に入れる。

⑧塩とこしょうを両面にふり、切り込みにもすりこむ。
 タイム、ローズマリーを切り込みや腹に押し込んでいく。ニンニクは1かけ腹に入れる。

【ポイント!フライパンはテフロン!皮が焦げ付かないように注意が必要】
⑨フライパンに、木べらでつぶしたニンニク1掛けとローズマリー1本、
 オリーブオイル大さじ2を入れて、弱火で火を入れて
 オイルにニンニクとローズマリーの香りを移す。

香りが立ったら、ニンニクとローズマリーをいったん取り出し、一気に強火にする。

⑩十分に熱したフライパンで魚を焼く。
最初はすぐに皮がくっつくが、こげる寸前までじっくり火を入れると
簡単にはがれるので、少しの間我慢!火は中火をキープ!
こんがりときつね色になったら、ひっくり返して同様に焼き色をつける。
両面焼けたら、アサリを入れ、すぐに白ワインを加えてフタをする。

aqua121314.jpg

⑪ワインが蒸発してなくなる直前に、トマト、ケイパー、オリーブの実を加えて、
水を魚の半分ちょいが浸るまで注ぐ。

⑫あとは水分が半分くらいになるまで中火で煮詰めていく。
この時、フライパンを傾けて、水分とオイルを混ぜて乳化させてスープにしていく。
  →基本の「乳化」

⑬最後に塩とこしょうで味を調え、器に盛りつける。
仕上げにEXVオリーブオイルをまわしかけて完成!    
                  →基本の「オリーブオイルの使い分け」



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

tag : レシピ

#06 hitomiのテーブルコーディネート

2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0130

今回のテーマは『リッチ&リラックス』
 素材が主役の料理って何だかリッチな気分になりますよね、
 せっかくなのでメイン料理のインパクトを損なわないコーディネート、
 そしてゲストがリラックスできるような空間演出
 『また来たい!!』って言わせちゃおう
 こんなパーティーをちゃちゃっとやって見せれば、一目置かれる存在になれる



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥2009_0707HP用#6-9と調理画像-続0097
 今回はこの3つ!
シンプルなベースで料理を引き立てよう
食器やマットは味気ないくらいシンプルでも大丈夫
《料理のない写真を見ると地味な印象ですが料理にインパクトがあるのでこれで十分(#05:引き算の法則)》

薄茶ベースでリッチ&リラックス
同系色でこだわり感を演出。カトラリーもナチュラルな物を選びリラックス感を演出
《薄茶は安らぎ・寛ぎ・などを感じさせ、ナチュラルで穏やかな居心地の良い空間にしてくれます》
《素材の良さも引き立ちます》

ナプキンでアクセントをつけよう
柄の入ったナプキンを置くだけで‘ナチュラル=素朴’から洗練されたシンプルさに変わります
《ここでも色は抑えて、まとまり感を意識してください

+α 背伸びテク "食器で高低差をつけよう"

今回は料理にインパクトがあるので、あえて小物を使わないので、背の高いグラスに前菜を入れて
テーブルに自然な動きを出しています
お皿よりも華奢なグラスに盛り付けると上品な雰囲気もだせますよ

      2009_0707HP用#6-9と調理画像-続00912009_0707HP用#6-9と調理画像-続01472009_0707HP用#6-9と調理画像-続0155





♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。


には人の心理に様々な影響を与える力があります!!
例えば・・・
恋をすると、ピンクのモノを身につけたくなったり
緑に囲まれると癒されたり、青は涼しい感じ・・・とか、
皆さんもご存知だと思いますが、今回は色の持つイメージや効果を簡単にまとめます
色を味方につけて、気の利いた空間演出を楽しみましょ

第2弾(青・ピンク・茶)

●あお●
《イメージ》
信頼・希望・理想・静寂・平和・安心・冷静など、涼しげで心を落ち着かせてくれる色
《効果》
◆自立神経のなかでも副交感神経に働き、脈拍や呼吸を落ち着かせ、血圧や気分を安定させるます
 特に、明るいブルーや濃いミディアムブルー系の色調は、心地よさと安らぎを感じさせます!!!
◆ダークブルーは地位の安定、品格を表すので、高級感を演出する効果もあります!

●ピンク●
《イメージ》
優しさ・幸福・甘さなど、情緒を安定させ、心を穏やかにしてくれる色
《効果》
◆ピンクの優しい色からは、夢見るような雰囲気や、花の香りが連想されて、ロマンチックなイメージが 伝わります!!
◆赤の濃度の濃いピンクは、派手であでやか、妖艶でエネルギッシュな強さを感じさせます!!
◆攻撃的な感情を鎮め、穏やかで和やかな思いを伝えるメッセージ性をもっています!!

●ちゃ●
《イメージ》
大地・安定・安全・落ち着き・やすらぎ・くつろぎなど暖かみや居心地の良さを感じさせる色
《効果》
◆茶色は大地や木がイメージされるアースカラーなので、ナチュラルさを演出できます!!
◆落ち着きと、居心地の良さを感じさせます!!
◆濃い茶色はクラシックで高級な印象作り、明るくて薄い茶色はナチュラルで穏やかな印象に!!

同じ色でも、濃さや明るさで随分と印象が変わります。
その日、その人に合わせて色を選んでみましょう!


さて、皆さんも自分家レストランを楽しんでくださいね



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#05 今日のメニュー

お品書き
■ たらこパスタ
■ 生ハムのインサラータ

(目標:20分)
taraco-top.jpg


■■たらこスパゲティ■■■■■■■■■
             (目標:20分)

もちろんイタリアでは、きっとお目にかかれないだろうと思っている。
ここフィレンツェで作ってみようと思ったけど、たらこも明太子もなかった残念。
でも、日本では家庭料理として、けっこうなじみのあるメニュー。
小学生の時、学校から帰ったばかりの土曜の午後に食べた、懐かしいシーンを思い出す。
焦がしバターの香り、パルメザンチーズのコク、生のたらこのうまさがたまらない。
たまに猛烈に食べたくなる味。
なんだかちょっとホッとする優しい味が出せたらブラボー

il Cibo(2人分)
  スパゲッティ(太さ1.4mm)※・・・160g
  たらこ(明太子でも可)   ・・・大1腹 (100g)
  バター(食塩不使用がベター)・・・60g
  パルメザンチーズ   ・・・30g
  きざみのり      ・・・適量
  青葉         ・・・適量
            ・・・適量

la ricetta
最初にスパゲッティをゆで始める  →基本の「パスタのゆで方」

taraco1234567.jpg

①たらこは薄皮を切って中身を出しておく。

②冷たいフライパンにバター50gを入れて、中火にかける。
 バターが溶けてふちが茶色くなり、香りが強くなり始めたら、
 ゆで汁大さじ2を加え、これ以上はこげないようにしておく。 →基本の「水分調整」
【ポイント】 特にバターは、色づき始めるとすぐに全体が色づき、焦げ臭くなる!

③バターとゆで汁をよーく混ぜ合わせ、少し塩味が薄いくらいで調え、弱火で保温。
必要に応じて水を入れて水分調節。

④ゆで上がったスパゲッティの湯をさっと切って、
フライパンに加えて、さっとあわせたらもう火から下ろす。

⑤たらこを加えて、ゴムベラでほぐしながらよくあえていく。

⑥残りのバター10gを加えて風味をよくし、さらにパルメザンチーズも加える。
 フライパンを軽くあおり全体を混ぜ合わせたら、器に盛り、
 きざみのりときざみ青葉をトッピングして完成!

【優しい味にする大事なポイント】
(�) 必ず火から下ろしてから、たらこを加える事!
   火を通してしまうとたらこはボソボソになる。滑らかに優しく仕上げよう。
(�)塩気は最後まで“薄味”に!
    ついつい水分が飛びすぎて、味が濃くてパサつくパスタになってしまう。
   途中から水分が足らなければ、ゆで汁(塩気あり)ではなく水で調節しよう。
   たらこやバターからも塩気が出るので
   完成時点で塩分は整えればいい。ジューシーで優しい塩味のパスタにしよう。



■■生ハムのインサラータ■■■■■■■
prosciutto crudo e insalata (目標:分)

イタリアのサラダは、凝ったドレッシングじゃなくて
オリーブオイル、レモン汁っていうシンプルな味付け。
あくまでも野菜の味を楽しむためのソース。
だからこそ、生ハムやアジのマリネなんかともあうわけです。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ)

il Cibo(2人分)
  生ハム     ・・・60g
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
hamusara123456.jpg
①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
写真はわかりやすくグラスで作っている。②でレモンとオイルが分離しているが、
よく混ぜる事で③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本の「乳化」

④⑤野菜は何を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
   よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。
   生ハムを一口2cm角くらいに切っておく。

⑥生ハムと野菜をボウルにあわせて、Aとよく混ぜれば完成!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
      塩が強すぎると、野菜の水分を奪い、漬け物のようになる!




ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#05 hitomiのテーブルコーディネート

蛟呵」懶シ兩convert_20090710210243 ko-ho9

今回のテーマは『粋な男』
頑張りすぎな彼女の為に料理を作る…かっこよすぎます
しかも、和風パスタを選ぶあたりもですね。
せっかくなので、テーブルコーディネートでもっと彼女を驚かせ、癒してあげましょう!!
お疲れ気味な彼女が一瞬で笑顔になること間違いナシ!!
さり気ない優しさとスマートさを意識して!!
こういうことをさらっと出来る男性はかなり魅力的です



♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥ 蛟呵」懶シ誉convert_20090710211227

今回はこの2つ!
基本はモノトーンでかっこよく
 ランチョンマットと食器は白・黒のモノトーンスマートさを演出 
 《ベースをモノトーンでまとめるだけでモダンな印象になります》
 《ベースをシンプルにすることでちょっとした小物でもかなり引き立ちます
 
色使いで癒す
手軽に使える紙ナプキンで緑や紫を取り入れ、さり気なく癒しを演出
《この2色には、リラクゼーションストレスの緩和などの効果があります》
《同じ緑や紫でも明度や彩度が低いほうが沈静感があります》


      蛟呵」懶シ托シ神convert_20090710210424 ko-ho10蛟呵」懶シ廟convert_20090710210718 ko-ho5蛟呵」懶シ兩convert_20090710211022 ko-ho9



♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。

 
には人の心理に様々な影響を与える力があります!!
例えば・・・
恋をすると、ピンクのモノを身につけたくなったり
緑に囲まれると癒されたり、青は涼しい感じ・・・とか、
皆さんもご存知だと思いますが、今回は色の持つイメージや効果を簡単にまとめます
色を味方につけて、気の利いた空間演出を楽しみましょ

第1弾(赤・橙・黄・緑)
●あか●
《イメージ》
情熱・暖かさ・興奮・歓喜・愛情・生命力・などダイナミックな力を感じさせる色
《効果》
熱意や勇気、実行力や権力を示すメッセージ性が高い!
(なので、赤のネクタイはアメリカの政治家に好まれているらしい)  
注意を促す誘目性が強い!    
(なので、消火器や広告、看板などに用いられている)
愛情を伝え、情熱を喚起する色!
自立神経の中でも、交感神経に働くので、興奮を高めたり、決断を促す効果が強い!

●だいだい●
《イメージ》
楽しい・愉快・活気・元気・ユーモラス・創造性・陽気など、暖かさと豊かさを感じさせる色
《効果》
◆赤と黄色の性格を併せ持ち、
 物事を前向きに捉えるエネルギーと、心を自由に解き放つ楽しい雰囲気を兼ね備えた色!
人目を引き、食欲を刺激する!

●き●
《イメージ》
明るさ・活気・楽天的・愉快・軽快・喜び・明朗など明るい光をイメージする陽気な色
《効果》
明るい黄色は脳を刺激して、消極的な気分を一掃し、前向きな気持ちを引き出してくれる!
黄色と無彩色の黒の組合せは、視認性が一番高く、記憶に残りやすい!
 (なので、注意を促す道路標識や危険を知らせる警戒標識などに多くしようせれている)
明るく優しい黄色は、楽しい会話や社交的な雰囲気を作り出す効果がある!

●みどり●
《イメージ》
調和・リラクゼーション・穏やか・自由・平和などストレスを緩和し、脳の興奮を鎮める色
《効果》
目に優しく、気持ちを穏やかにし、心をリラックスさせる効果がある!
明るい黄緑はフレッシュな感覚を、深い緑は安定感を連想させる!
日々の疲れを癒し、心をリフレッシュさせる効果がある!


このように、
色の持つ特徴をまとめておくと、その日、その人に合わせたカラーコーディネートができ、
“居心地のよいおおてなし”が簡単にできます



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

#04 本日のメニュー

■ おしながき
スパゲッティ ボロネーゼ
インサラータ ノルマーレ

(焼いて煮込んで約2時間 +一晩寝かせる。 )

order.jpg

■■スパゲティ ボロネーゼ■■■■■■
spaghetti alla Bolognese (目標:時間くらい+一晩寝かす)

今回、紹介するのは、本場イタリアのボローニャ生まれのレシピ。
しっかり焼いた肉にトマトとワインの味を、ぎゅっと凝縮したシンプルだけど深い味。
日本では、ケチャップで甘さを加えたミートソースが、一般的?だけど、
イタリアにはやっぱりそんなのなかった。
僕としては、あの味にチーズをがんがんかけて食べるのが
懐かしくて好きなんだけど。。。 でも、そういう人も大丈夫!
今回のレシピでも、パスタをいれる直前にケチャップをいれれば、
懐かしいその味になる!
本場よりもうまいと思ったら、そっちで食べてみてください~。
そして、今回のソースは、ラザニアなど他の材料にも使えるし、
一度にたくさん作った方が断然うまいので、豪快に大量に作ろう!

il Cibo
 --ボロネーゼソース
  牛ひき肉(合い挽きでも可)・・・1kg
  トマト水煮缶     ・・・400ml × 3缶
  赤ワイン       ・・・ハーフボトル 1本
 (安いものでいい。どちらかというと甘口がよい)
  タマネギ   ・・・1/2コ
  ニンジン   ・・・1/4本(タマネギの半分量)
  セロリ    ・・・1/4本(タマネギの半分量)
  ニンニク   ・・・1かけ
  月桂樹の葉(ベイリーブ)   ・・・1枚
  オリーブオイル   ・・・100ml
  コショウ   適量

 ――スパゲッティ (2人分)
  スパゲッティ(太さ1.6mm)・・・160g
  バター       ・・・10g
  パルメザンチーズ  ・・・かけたいだけどうぞ

la ricetta
まずは、ソフリット(煮込み料理に使う野菜の旨味入りオイルソース)を作ろう。
boronese123456.jpg

①タマネギ、ニンジン、セロリをぞれぞれ細かいみじん切りにして、
 オリーブオイル100mlとともに火にかける。

②後で使う煮込み鍋を使えば、省エネ。
 焦がさないように弱火でじっくり10~20分いためる。
 全体がペースト状になればOK!
 もっと炒めても甘みと旨味が出るので、時間があればやってみてください。

③④大きめの中華鍋(なければフライパン)を強火にかけ、煙が出るくらいまで熱したら  サラダオイル(分量外)をひいて、塩こしょうしたひき肉をざっくりと広げる。
 十分に熱してあれば、かなり激しくジュウっという音がする。
(イタリアでは、ミンチは成形してあるので、写真はハンバーグみたいに見えるけど)
大事な事は、ずっと強火!決して混ぜない!少しこげてもいいからとにかく我慢!
少しこげるくらい焼き色をつける方が、香ばしくて肉の旨味が活きる!
こげ過ぎの直前で、ひっくり返して同じように我慢して焼く!


⑤⑥両面が焼けたら、少しずつほぐしながら焼き、全体的にかりっと焼き色をつけていく。
 フライパンのオイルが濁ってなければ、全体に火が通った印。
 ちょっと怖いけど、ずっと強火で焼き続けるのが我慢の見せ所だ。

boronese7891011.jpg
⑦焼き上がったひき肉達を、煮込み用の鍋にいれソフリットと合わせる。
 鍋を中火で火にかけながら、全体に混ぜ合わせ、一気に強火にして限界まで熱する!
 そこへワインの半分量を注ぎ、一気に蒸発させる。(火が出るのでフタは禁止)

⑧残りのワインは、肉を焼いたフライパンを強火にかけながら注ぎ、一気に蒸発させる。
 肉の旨味をワインに移してやれば、これも鍋に合わせてやる。

煮込み鍋を中火にして、ワインの水分がほとんどなくなるまで煮詰める。
【ポイント】これはワインの旨味を肉に閉じ込める作業。
      ワインが残っているのに次の水を入れると味がぼやける。


⑨トマトの水煮缶を、手でつぶしながら鍋に加えていく。
(出来上がりを滑らかにしたければ、別ボウルで、完全につぶしておく)

⑩月桂樹を1枚に込み鍋に入れて、沸騰したら弱火に落とす。
ポコポコポコという状態をキープしてゆっくりじっくり煮込む。
時々こげないように混ぜながら、1時間くらい煮込めば完成!

でも食べるのは、一晩寝かせた次の方がうまい!最後まで我慢の料理なのだ。
【ポイント】 煮込み料理は、いったん温度を下げて置いておく事で、
       味が全体に染み渡り一体感が増す。

 カレーのジャガイモが二日目から味がしみ込んでいくような状態。
 具とソースの味がお互いになじむ。

  ・・・翌日

⑪スパゲッティにして食べよう。
いつものようにパスタをゆで始める。  →基本の「パスタのゆで方」

フライパンを温めバターを10gいれる。バターがうっすらきつね色になり、
香りがたてばボロネーゼソースを220gほど加える。
あたためるだけでいいので、パスタがゆで上がるまでは、弱火で待たせておく。
水分が足らなければゆで汁を加えて調節してやる。

⑫湯であげたパスタを加えて、よくあえる。
(この時お好みでケチャップを入れて味を懐かしのミートソースにしてもよし。)

器に盛りつけ、チーズを信じられないくらいにふるとうまい。
これが本物のボロネーゼだ。レトルトとはまったく別物だ。

【ポイント】 残った分は1回分ずつ、ラップをして冷凍しておこう。
       1ヶ月くらいは風味そのままでいける。



■■インサラータ ノルマーレ■■■■
                   ※いつものサラダ
    insalata normale  (分)

イタリアでサラダと言えば、凝ったドレッシングなんて使わない。
だいたいが、オリーブオイルとレモン汁と塩こしょう程度のシンプルな味付け。
最初は、ドレッシングないの?と思ったけど、ほんとにうまい野菜を食べたときに、
これなら凝ったドレッシングなんていらない!って思った。
特にイタリアの野菜は味が濃く本当にうまい。
日本でも鎌倉野菜などうまい野菜がたくさんある。
だから、うまく作るコツは、いい素材を選ぶ事。 
 (選び方はコチラ →兄弟サイトスーパーマーケットソムリエ)

il Cibo
  ルッコラ    ・・・2つかみ
  トレヴィス   ・・・葉4枚
  ミニトマト   ・・・4つ
   A : EXVオリーブオイル   ・・・大さじ2
   A: レモン汁    ・・・大さじ1
   A: こしょう  ・・・適量

la ricetta
sarada-n123456.jpg

①②③まず、ボウルにAをすべて入れ、とてもとてもよく混ぜる。
 写真はわかりやすくグラスで作っている。②はレモンとオイルが分離しているが、
 よく混ぜる事で、③のようにとろっと白く乳化した。
  →基本の「乳化」

④特にどんな野菜を使ってもいいけど、今回は色のきれいなこの3種。
よく洗って、よく水をきって、適当に切ったりちぎったりして食べやすくしておく。

⑤ボウルにあわせて、Aとよく混ぜれる!
【ポイント】乳化は、時間が経つと分離する。食べる直前に混ぜるようにしよう!
     塩が強いと、野菜の水分を奪って、漬け物みたいになってしまうので注意!


⑥まずは、葉っぱを一握り高く盛りつけ
 最後に先頭の写真のようトマトを乗せたら出来上がり♪



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。

tag : レシピ

#04 hitomiのテーブルコーディネート

蛟呵」懶シ点convert_20090710185439 ko-ho3

今回のテーマは『味のあるコーディネート』
豪快で味わい深いボロネーゼを作ったなら、
こだわり感や力強さの中にある暖かさ・優しさを引き出すコーディネートで彼女をもてなそう!!!
今日は色合わせだけの簡単テクです
一味違ったセンスの輝きを見ると・・・この人、素敵って思います。
女子は結構そういうところ、見てますよ(笑)


♥♥♥ 今日のHitomi のコーディネート♥♥♥ 2009_0628HP逕ィ20012_convert_20090710184749 12
今回はこの2つ!
お皿と紙ナプキン、この二点で勝負
この二点を類似色・同一トーンでまとめてこだわり感を演 出
  《黄色と緑は類似色で相性がよいです》
  《男の渋さを出すために2色ともトーンが低いものをチョイス!明るくなると元気な印象に》
 
ぼってりした力強い食器
丸みがあり、厚みのある食器で料理の温かさやガッツリした男らしさを演出
《暖色系のお皿に盛ると、見た目の温かさが増し美味しそうに見えます

+α 背伸びテク "引き算の法則"
洋服や、恋愛においてもそうだけど、
どんどん足していくだけではバランスが悪くなってしまうもの
今日はメインのパスタが存在感重視なら、サラダ皿やコップはガラスを選ぼう!!
わざとヌケ感を作る事で、
野暮ったくなりがちな暖色の食器も‘味’としてかっこよく見えちゃいます


      2009_0628HP逕ィ20013_convert_20090710185006 132009_0628HP逕ィ20053_convert_20090710185333 532009_0628HP逕ィ20042_convert_20090710185118 42





♥♥♥ Hitomiの魅せる食卓 レッスン♥♥♥

       魅せる食卓レッスン
      テーブルは、料理そのものと食器やグラスなどの組み合わせで魅せます。
      その他に、料理の組み合わせ、盛りつけ、シチュエーションなんかももちろん大事
      素敵な食卓演出術を、フードコーディネーターのhitomiが紹介していきます。

     
 は視覚を通して味覚に働きかけます。
なのでテーブルコーディネートをするにあたり、"色”はとても重要なものなのです。
どんなに美味しそうな料理でも、マズく見えてしまう色あわせをしたり、
どんなにステキな食器をならべても、その日のシチュエーションに合わない色あわせをしてしまったら、
台無しです・・・
ちょっとしたコツを知っておくと、とても便利です

今回は色の基本『キレイな配色の法則』をお教えします

配色のパターンは大きく分けて2パターンです

まとまり or メリハリ

そして、それぞれをトーンで分けます…(計4パターンになります)

�まとまり(色)・・・同じ色や似た色同士の組合せ
            ※下図 8Yに対して6yO~10YG辺り。

�まとまり(トーン)・・・同じトーンや近いトーンの組合せ
              ※下図の同じ環、近い環(ペールとライト/ダークとダル等)   
※この場合色は何色を使ってもOKです

�メリハリ(色)・・・反対色(補色)の組合せ
           ※下図で反対、ほぼ反対に位置する色。8Yに対して21bP~19pB辺り。

�メリハリ(トーン)・・・大きく離れたトーンの組合せ
             ※下図で全く違う環(ディープとペールとか)の組合せ             
             ※この場合色は何色を使ってもOKです

これらを基本に組合せていくと、とっても簡単です

まとまりコーデは癒しやこだわり感
メリハリコーデはドラマチックな印象
                                     になります

tone2.jpg



ぜひワンクリックお願いします!!
人気ブログランキングへ
ブログランキングに登録しています。。
NEW!!!
2012/12/10更新 全国初! 手作りパスタソーステイクアウト専門店はじめました!! ネットおよび直売所でご購入いただけます! トップ背景ボロネーゼVER-mini
 7人の紹介
jibunchi  ↑7人の紹介はこちら

undergreen ↑まじろーとユーの会社
“Under Green” がプロデュースしています。
 ぼくらの料理フォト
 レシピはコチラ

 最近のディナー
 お客さんからの手紙
 それぞれの家のディナー
 NEW
2012/12/10更新 全国初! 手作りパスタソーステイクアウト専門店はじめました!! ネットおよび直売所でご購入いただけます! トップ背景ボロネーゼVER-mini
 探しもの
 他の島へ行く
 じぶんち島の歴史
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。